にゃんこのおうちロゴ> わが家のにゃんこたち > 天使になったにゃんこたち


天使になったにゃんこたち


 天使になったにゃんこ
ちょびちゃん
性 別:男の子
年 齢:保護した当時は5〜6歳(推定)
特 徴:
性 格:威張り散らさない、ボスタイプの子

出会った経緯
引っ越し先に現れた子。
ヒトに蹴られ、内蔵破裂で保護→エイズ・白血病陽性判明→緊急手術した子。亡くなるまで毎日処方食&1日2回の飲み薬を与え、途中で糖尿病になってインシュリンを1日2度注射することになったりと、波乱万丈の人生(猫生?)だった。保護してから3年後に死去。


天ちゃん
性 別:男の子
年 齢:1歳で死去
毛 色:ミルクティー色
特 徴:シャムのような体つき。
性 格:とってもシャイ。さりげなく甘えて来るタイプ。僕ちゃんと大の仲良しさんでした。

出会った経緯
通勤途中の道すがら、瀕死の状態で倒れていたこの子に出逢い保護しました。生後半年くらいの時、FIPを発症してしまい、半年ほど闘病しましたが虹の橋に行ってしまいました。


僕ちゃん
性 別:男の子
年 齢:1歳で死去
毛 色:キジトラ白
特 徴:長いしっぽの先が少しだけカギ
性 格:甘え上手で、お兄ちゃんたち皆に可愛がられていた。天ちゃんと大の仲良しさんでした。

出会った経緯
実家の隣人が「仔猫がいるんだけれど、捕まらないの!」とヘルプを求めてきたので、逃げまどう仔猫をやっとのこと捕まえてあげると、いつの間にか管理人が保護するハメになっていた...。なぜなぜ〜?(^_^;)?
生後半年くらいの時、FIPを発症してしまい、3ヶ月の闘病の後、天ちゃんより先に虹の橋に…。


ちびちびちゃん
性 別:男の子
年 齢:3歳で死去
毛 色:キジトラ白
性 格:大人しい

出会った経緯
裏の家が引越しで置いていった2匹の子のうちの一匹。捨てられたショックからか、捨てられてから2ヵ月後にエイズを発症して死去。


とらちゃん
性 別:男の子
年 齢:不明
特 徴:全身綺麗な赤トラ。10cmくらいのしっぽ
性 格:

出会った経緯
いつの頃からか、首輪ちゃんと仲良しになって、居着いた子。
首輪ちゃんより先にエイズを発症して死去。

↑お外で野良さんとして暮らしていた頃。


首輪(くびわ)ちゃん
性 別:男の子
年 齢:推定15歳で死去
特 徴:8.65kgの立派な体型!
性 格:体型に似合わず、とっても小心者!人は大好きだが、活発な猫が苦手。内気なにゃんこや優しいにゃんことは大の仲良しで、新参者を教育してくれる優秀な助手にもなってくれる。

出会った経緯
野良さんとして、お外で8年ほど面倒を見ていた子。この子のお友達猫がFIVで死亡したため、高齢でありFIV陽性のこの子を保護することに。保護して数年は元気に暮らしましたが、晩年に病気を発症し死去。
名前の由来は、初めて出会った時に首輪をしていたから。
↑トイレフードにはまって涼をとっているところ! (^◇^;)


剛(ごう)ちゃん
性 別:男の子
年 齢:2000年11月生まれ/6歳で死去
特 徴:お顔に「泥棒ヒゲ」模様
性 格:甘ったれでお風呂見学が大好き
    お客さんが好きで玄関に迎えに行くタイプ

出会った経緯
友人のボランティアがママ猫を手術するために6匹兄妹のこの子たちを預かることに。管理人にとっては、始めての本格的な里親探しとなった(何故かこの時、もう一組の5匹兄妹を保護し、一度に11匹の里親探しになってしまった!)。11匹全員を手放すのが淋しくなり、指名のなかったこの子を引き取る。ちぃちゃんと仲良し!
2006年のクリスマスイブに私の腕の中で死去。


ま〜くん
性 別:男の子
年 齢:不明 / 推定10歳で死去
特 徴:アメショのような渦巻き模様
性 格:基本的には甘ったれでおしゃべりのようだが、ヒトと濃密な接触に慣れていない様子で、ちょっと怖がる。

 出会った経緯
野良さんのま〜くんがわが家に通って3週間ほどした頃、突然左後ろ足を宙に浮かしながら現れた。まったく慣れていなかったので、捕獲器で捕まえることに...。一晩中ねばって、結局朝の6時半ごろに成功。
獣医さんのお話によると、交通事故かもしれないとのこと。骨折を直す手術を受け、その際に骨折部位に固定用のピンとプレートを入れたので、3ヵ月後に再び手術で固定具を抜く手術を受けた。
名前の由来は、お腹の「マーブル模様」から「ま〜くん」に。
その後、元の場所に戻し、野良さんをしていたが、ある日突然ガリガリの姿で現れ、再び病院へ連れて行きましたが、手遅れの状態でした。
2008年4月13日、朝5:15分、私の腕の中で腎不全(推定)により死去。

← 骨折してた。(>_<)

糸(いと)ちゃん
性 別:女の子
年 齢:2008年5月21日頃生まれ/同年6月12日死去
特 徴:長いしっぽ。白が多めのキジトラ
性 格:とってもいい子

 出会った経緯
 2008年5月25日に、里親さんのご友人の猫ボランティアさんから、生後4日目くらいで88gしかない、へその緒つきの乳飲み子のこの子を預かりました。
体重は命に危険があるといわれている90gを切っていたので、預かった当初から育つのはほとんど難しいと思われましたが、頑張って23日間も生きてくれました。一時は心臓が止まってしまったことがありましたが、心臓マッサージで乗り切ったりしました…。
名前の由来は、「私と糸ちゃんが運命の糸で繋っていますように」との願いを込めました。

とっても小さくて可愛い 糸ちゃん。


白ちゃん
性 別:女の子
年 齢:2009年9月22日・推定17歳で死去
特 徴:全身真っ白
性 格:新しいタオルが大好きで、新しく替えてあげるとタオルにスリスリする、とっても可愛い子。ちょっとおしゃべり。かにかまぼこが大好物。

出会った経緯
実家に長年通っていた元野良母さん。成猫のなってから、どこかから流れて来て、程なく仔猫3匹を産む。その仔猫のうち1匹は交通事故で死亡し、1匹は行方不明、1匹は月ちゃんの田舎に里子に出た。その後避妊手術をし、野良さんとして10年以上暮らしたが、晩年は怪我や病気が絶えず、ひどい風邪を引いたのを機に、月ちゃんが自宅に引き取ることにした。
元野良さんだったので、他の猫ちゃんとも上手に渡り合えるかと思いきや、意外に小心者だったのが判明。なので皆とずっと一緒とはいかず、大抵はケージで暮らしている。
↑あたし、年齢不詳なの。


陸(りく)ちゃん
性 別:男の子
年 齢:1997年5月生まれ・2011年5月3日14歳で死去
特 徴:ちょびヒゲ模様がとってもキュート
性 格:ちょっとシャイな甘ったれさん。

出会った経緯
野良さんが猫嫌いのお宅の敷地で産んでしまい、そのお宅の人に捕まって「あんたが引き取らないなら殺処分だ!」と管理人のご近所の友人のところに持ち込んで来た三兄弟。生後2日目のびしょ濡れで衰弱した仔猫だった。
海ちゃん、空ちゃんとは兄弟。

↑ 舌出し中の陸くん。


しろくろちゃん
性 別:女の子
年 齢:2011年3月生まれ・同年5月2日死去
特 徴:可愛い白黒模様。大きくてクリクリのお目々。
性 格:触れていると眠ってしまう甘ったれな子。

出会った経緯
あるゴミ捨て場に兄妹4匹を縦に並べて遺棄されていた所を別の方が保護。そのうち兄妹2匹は既に亡くなっており、別の1匹も怪我が酷くて安楽死され、ただ一人残生き残り、ミルクを上手に飲ませられないからと私のもとへやって来ました。しかし、預かってみると重度の口蓋裂(先天性の奇形)と判明し保護主が安楽死すると言い出したので「この子を私の子に」と願い出て、我が家の子に。
大きくなったら大学病院での手術の予定を取りつけたり、手術までずっとカテーテルで毎日ミルクを飲んだり自宅でレンタルした酸素室に入ったりと、しろくろちゃんはとっても頑張ったのですが、症状が重篤すぎて…助けてあげることが出来ませんでした。

↑ うるうるお目々のしろくろちゃん。


わが家のにゃんこたち にもどる   保護中にゃんこたち のページへ


にゃんこのおうち にゃんこのおうち