にゃんこのおうちロゴ> 猫の育て方 > 食事について > 猫に有毒な植物リスト
猫に有毒な植物リスト


         
一般名
別名
学名 科名
有毒
部位
有毒成分 / 摘要
アイビー セイヨウキヅタ、ヘデラ Hedera helix ウコギ科
アイリス ジャーマンアイリス、オランダアヤメ、ダッチアイリス Iris spp. アヤメ科 ※アヤメ属の総称でもあるので注意
アオツヅラフジ エドアカザ
アカザ アオカザ、サトナズナ、シロザ、ウマナズナ
アキカラマツ タカトグサ、センジグスリ、ウシイヤクサ
アサ 大麻,マリファナ Cannabis sativa アサ科 全株 主にテトラヒドロカナビノール化合物
アサガオ ケンゴシ Ipomoea spp. ヒルガオ科 種子 LSDが種に入っている種類もあり、下痢をする可能性がある
※摂取量によっては危険である
アザレア シャクナゲ、西洋ツツジ、シナノサツキ Rhododendron spp. ツツジ科 葉、根皮、花からの蜂蜜 グラヤノトキシン(これは非常に危険な植物で、葉を一枚食べただけでも、重症になる可能性がある)
アジサイ ハイドランジア Hydrangea macrophylla, H.arborescus, H.paniculata ユキノシタ科 青酸産生性のグリコシド
※摂取量によっては危険である
アスパラガス類 Asparagus sprengeri ユリ科 毒性が非常に高い植物分類には入らない
アセビ アシビ、ウマクワズ、アンドロメダ Pieris japonica ツツジ科 全株 グラヤノトキシン(アザレア参照)
アセムシロ ミゾカクシ  
アップルリーフクロトン
アネモネ ボタンイチゲ
アボカド Persea americana クスノキ科 果実、皮、種子など、アボガド全体 ペルジン(persin)という物質が有害。胃腸の炎症による嘔吐や下痢を起こし、ひどい場合には死亡する事も。
鳥やげっ歯類ではさらに感受性が高く、呼吸困難や全身性のうっ血を引き起こし死亡してしまうことも。
一部ではアボカドが材料に使用されているペットフードも在り”危険では?”という疑問が起きているが、回答は得られていない。
アマチャ
アマリリス Hippeastrum lycorine ヒガンバナ科 鱗茎 リコリンほか多数
アミガサユリ バイモ
アメリカザクラ  
アメリカヅタ  
アメリカヒイラギ クリスマスのリースに使う赤い実とトゲ状の葉の種
アメリカヤドリギ
アヤメ   根茎
アロカシア ロンギロア、オドラ、アマゾニカ、ククラタ等クワズイモ属の総称を指す。
アローグラス  
アロエ類 Aloe vera ユリ科 サポニン類
アンズの種 Prunus armeniaca バラ科 (リンゴ参照)
イカリソウ インヨウカク 全草
イケマ ヤマカゴメ、コサ  
イチイ
セイヨウイチイ
オンコ、アララギ Taxus cupidata イチイ科 葉、樹体、果肉以外の種子 タキシンAおよびB、揮発性の油分の毒性が非常に高い。
イチジク   葉、枝
イチハツ    
イチヤクソウ カガミグサ、キッコウソウ、ベッコウソウ 全草
イチョウ ギンナン  
イヌサフラン コルヒカム、コルチカム、コルキカム Colchicum autumnale ユリ科 塊茎、根茎、種子 コルヒチン(および関連アルカロイド類)
イヌホオズキ クサナスビ、コナスビ、ヒタイホオズキ Solanum spp. ナス科 ソラニン、サポニン類、アトロピン類似物質
イボタノキ    
イラクサ イタイタグサ、イライラグサ 葉と茎の刺毛
インディアンスパージツリー    
インディアンローレル
インドゴムノキ Ficus elastica クワ科 (American rubber plantは毒性をもたない植物のリストに 入っているが、自分の家にある植物がどちらであるか、確認する必要がある)
ウマノアシガタ コマノアシガタ 全草、樹液
ウマノスズクサ    
ウメ   未熟果及び仁  
ウラシマソウ    
ウルシ   乳液
エゴノキ ロクロギ、チシャノキ 果皮
エニシダ    
エレファントイアー類 カラー、アンセリウム、カラジウム 草液
エンレイソウ タチアオイ 根茎
オオアマナ オーニソガラム  
オオセンナリ    
オオツヅラフジ    
オキナグサ オバシラガ、ウバシラガ、ババシラガ、カワラチゴ  
オシロイバナ ユウゲショウ 根、茎、種子
オダマキ ムラサキオダマク、イトクリソウ 全草
オニドコロ ナガトコロ
オモト    

か行
ページTOPへ戻る
カラスビシャク ハンゲ、ヘソクリ 球茎
カラー Zantedeschia aethiopiea サトイモ科 (ディフェンバキア参照)
カラジウム Caladium hortulanum サトイモ科 (ディフェンバキア参照)
カランコエ
カルミア アメリカシャクナゲ、ハナガサシャクナゲ、山月桂
キキョウ  
キヅタ    
キツネノカミソリ ヤマクワイ 鱗茎、根茎
キツネノテブクロ ジギタリス、フォックスグローブ 葉、根、花
キツネノボタン   全草
キバナハウチワマメ ルピナス、ノボリフジ、キバナノハウチワマメ 全草
キバナフジ ゴールデンチェーン、キングサリ 樹皮、根皮、葉、種子
キョウチクトウ タイムンクワ、タウチク Nerium indicum キョウチクトウ科 樹皮、根、枝、葉  → セイヨウキョウチクトウ
キンポウゲ ウマノアシガタ、コマノアシガタ、オコリオトシ。ハナキンポウゲ(ラナンキュラス)を指す場合もある。  
キングサリ
クサツゲ
クサノオウ タムシグサ、ニガクサ、ハックツサイ 全草
クマツヅラ オフィチナーリス  
クララ    
クリスマスローズ   Helleborus niger キンポウゲ科 全草
クレマチス テッセン Clematis spp. キンポウゲ科 プロトアネモニン
クロッカス    
ケキツネノボタン   茎、葉
ケシ ツガル、アフヨウ 未熟果乳液、種子
ゲッケイジュ ローレル   胃腸障害や腹痛をおこす
ケマンソウ フジボタン、タイツリソウ、ヨウラクボタン、ブリーディングハート 根茎、葉
幸福の木  → ドラセナ「幸福の木」参照
コウモリカズラ ヘンプクカズラ 種子
コクサギ サワウルシ、エクサギ、シタビ
ゴクラクチョウカ ストレリチア 全草
コダチクリスマスローズ    
コダチチョウセンアサガオ 天使のトランペット、キダチチョウセンアサガオ    
コバイケソウ   全草  
コマクサ    
ゴムの木
コリダリス    
コルディリネ類 Cordyline terminalis, C.Australis リュウゼツラン科  → ドラセナ「幸福の木」参照

さ行
ページTOPへ戻る
サクラ属 ※摂取量によっては危険である
ザクロ イロタマ、セリキュウ 樹皮、根皮
ザゼンソウ ダルマソウ  
サワギキョウ コノテバナ、イソギキョウ、チョウジバナ  
ジギタリス ※摂取量によっては危険である
シクラメン カガリビバナ、ブタノマンジュウ Cyclamen spp. サクラソウ科  
シキミ ハナノキ、コウノキ、ハカバナ 果実、樹皮、葉、種子
シロバナヨウシュチョウセンアサガオ    
ジャガイモ バレイショ、ジャガタライモ 芽、イモの緑色の部分
シャクナゲ    
ジャスミン ソケイ、ペルシアソケイ、シロモッコウ、コモンジャスミン   神経毒
シュウカイドウ    
シュウメイギク ギブネギク、ジャパニーズアネモネ、アキボタン、ウシゴロシ  
シュロソウ   根茎
ショクヨウダイオウ   葉、根茎
ジンチョウゲ チョウジグサ、ハナコショウ 花、葉 胃腸障害や腹痛をおこす
スイセン ナーシサス,ダフォディル、セッチュウカ、ハルタマ、ガカク Narcissus spp. ヒガンバナ科 鱗茎 ナルシッシン(=リコリン)、ナルシポエチン、などをはじめとするアルカロイド
胃腸障害をおこし、下痢嘔吐がみられることがある
スイートピー   Lathylus odoratus マメ科   アミノプロピオニトリル(恐らく、少量では毒性はない)
スズラン ドイツスズラン、キミカゲソウ Convalaria majalis ユリ科 全草 強心配糖体、コンバラリン、コンバラトキシン
※摂取量によっては危険である
セイヨウキヅタ アイビー、ヘデラヘリックス、イングリッシュアイビー 葉、果実
セイヨウキョウチクトウ Nerium oleander キョウチクトウ科 強心配糖体、ネリオシド、オレアンドロシド、オレアンドリン。この植物は極度に毒性が高く致死的である。
胃腸障害や腹痛をおこす
セイヨウトチノキ    
セイヨウヒイラギ (クリスマスリースに使用する赤い実とトゲ状の葉の種) Ilex aquifolium モチノキ科 サポニン類
セイヨウヤドリギ ミスルトゥ、オウシュウヤドリギ  
センダン アフチ、アカセンダン Melia azedarach センダン科 樹皮、果実 テトラノルトリテルペン−神経および胃腸毒素
ソテツ類 Cycas spp. & Zamia spp. ソテツ科 種子、茎幹、葉 サイカシン、発癌性を持つ
ソランドラ    

た行
ページTOPへ戻る
ダイオウ    
タガラシ    
タケニグサ チャンパギク 全草
タバコ ケブリグサ、メザマシグサ、リンゴニソウ
タマスダレ    
タマネギ   Allium spp. ユリ科 N-プロピルジスルフィド
ダンゴギク   全草
チェリーローレル      
チャイナベリー    
チューリップ   Tulipa spp. ユリ科 非常に毒性が高い
チョウジソウ    
チョウセンアサガオ マンダラゲ 全草 神経毒
ツゲ    
ツクバネソウ ツチハリ、ノハリ、四葉玉孫 全草
ツタ ナツヅタ、アマズラ
ツタウルシ ウルシヅタ、タニウルシ、カキウルシ、ダイコンヅタ Rhus typinea ウルシ科 樹液 人間には刺激性があるが、通常、動物には問題ではない。poison oakも同様である(樹皮の成分は気化するので触れなくてもカブレることがある)
ツツジ   Rhododendron spp. ツツジ科 (アザレア参照)
ツリフネソウ ムラサキツリフネ 全草
ツルキキョウ ペリウィンクル、ヒメツルニチニチソウ、ランニングマートル  
ディフェンバキア類 シロガスリソウ、ディーフェンバッキア、ジフェンバチア Diffenbachia amonena, D.exotica サトイモ科 ディフェンバキアには多数の種類があり、一部はDumb caneと呼ばれている。それらはとても毒性が強く、シュウ酸カルシウムの結晶が植物の細胞内に見られ、蛋白質分解酵素も存在。ディフェンバキア, フィロデンドロンなどの仲間は、毒性の強い園芸植物に入る。
テッポウユリ イースターリリー Lilium longiflorum ユリ科 テッポウユリとその仲間の一部は、猫にのみ有毒であることが知られているが、だからといって、すべてのユリにあてはまるわけではない。 例えば、glory lilyグロリオサは、テッポウユリではなく、イヌサフランと 同様の毒性を持っている。その他のユリ科植物は、毒性を持たない植物のリストに入っており、一つ一つを別のものとして考えないといけない。
ドイツスズラン リリーオブバレー 全草
トウゴマ ヒマ 穂、葉、種子
トウダイグサ スズフリバナ 全草
トウワタ    
ドクイチゴ    
ドクウツギ ウジゴロシ、サルコロシ、オニウツギ、イチロベコロシ 種子、果実、葉、茎
ドクゼリ オオゼリ、ウバゼリ、ウマゼリ、イヌゼリ 全草
ドクニンジン    
トチノキ アカバナトチノキ Aesculus spp. トチノキ科 種子、樹皮
トマト アカナス Lycopersicon spp. ナス科 葉、茎 葉と茎はソラニンを含有する(イヌホオズキ参照)
ドラセナ 幸福の木 Dracaena fragrans リュウゼツラン科 毒物主成分は明記されていないが、一般にドラセナ類は非常に毒性の高い植物であるので、できれば避けること。
その他のドラセナ類 Dracaena marginata, D.saderiana, D.godseffinia リュウゼツラン科  → ドラセナ(幸福の木)参照
トラノオ
トリカブト ハナトリカブト、カブトバナ、カブトギク、ブシ 全草 ※摂取量によっては危険である

な行
ページTOPへ戻る
ナンテン Nandina domestica メギ科 青酸配糖体
ナンテンショウ
ニオイスミレ スイートバイオレット、カオリスミレ、バイオレット(パンジーも同様)
ニシキギ シラミコロシ  
ニセアカシア ハリエンジュ 樹皮、種子、葉
ニセフユサンゴ    
ニチニチソウ マダガスカルペリウィンクル  
ニリンソウ セキナ、ガショウソウ  
ネジキ ヌリバシ、アカメ  
ノウルシ サワウルシ、キツネノチチ、ハカノチチ 茎、葉

は行
ページTOPへ戻る
バイケイソウ ハクリロ 全草
ハシリドコロ ヤマナスビ、ナナツギキョウ、サワナスビ、オニミルクサ 全草
バクチノキ ビランジュ、ネツサマシ  
ハゼノキ ハジ、リュウキュウハゼ 成分は気化するので触れなくてもカブレることがある
バードオブパラダイス    
ハナヒリノキ クサメノキ、クジャミノキ、チシコロシ
ハマユウ ハマオモト  
ハリケーンプラント
バルバドスアロエ  
ハンショウヅル 全草
ヒアシンス ヒヤシンス 鱗茎 胃腸障害をおこし、下痢嘔吐がみられることがある
ヒエンソウ デルフィニウム、チドリソウ 全草
ヒガンバナ マンジュシャゲ 全草
ビタースイート   液果
ヒョウタンボク ドクブツ、ヨメゴロシ、フタコロビ、キンギンボク  
ヒヤシンス Hyacinth ユリ科 鱗茎 (grape hyacinthと呼ばれるものは無毒であるが、分類学的 に無関係な植物であることに注意)
ヒヨドリジョウゴ イヌクコ、ウルシタケ、カラスノカツラ 全草
フィロデンドロン類 ポトス、セローム、クッカバラ、ヒトデカズラ、ヒメカズラ、オウゴンカズラ、オーシェ(国内でも50種以上栽培) Philodendron bipennifolium, P.panduraeformae, P.oxicardium サトイモ科 根茎、葉 (ディフェンバキア参照)

フクジュソウ ガンジツソウ 全草
フジ ノダフジ、シロバナフジ、アカバナフジ 全草
フジウツギ ドクナガシグサ、カクフジ、スイギョソウ
フジバカマ   全草
ブドウ(レーズン) Vitis spp. ブドウ科 米国調査機関の臨床結果では、犬・猫には有害である事が立証されたため、避けるべき食材といえる(因果関係はまだはっきりと解明されていない)。
犬の症状:摂取後2〜3時間後から嘔吐、下痢、腹痛、3〜5日後に腎不全を起こす。重度の場合は、腎不全から死亡するケースも報告されている。同じ量を摂取しても、重い症状の出る犬もいれば、全く平気な犬もいる。※症例は主に犬から報告され、猫にはまだ未知数なところがある。
フユサンゴ    
ブラックアイスーザン    
ブラックローカスト    
ブラッドルート アカネグサ  
ブランチングアイビー
ブディストパイン
ベアグラス ベアーグラス、スクォーグラス、インディアンバスケットグラス  
ベゴニア     ※摂取量によっては危険である
ベラドンナ 神経毒
ベンジャミン
ポインセチア   Euphorbia pulcherrima トウダイグサ科 茎からの樹液と葉 口腔内を刺激する可能性があるが、普通は少量飲み込んでも 何ら悪い作用は出ない。毒性が過大に評価されている。
※摂取量によっては危険である
ホウオウボク ピーコックフラワー  
ホウセンカ エンカバナ、ツマベニ、トビクサ 種子
ホウライショウ
ホオズキ ヌカズキ、カガチ  
ボタン スメラギグサ、ヤマタチバナ 乳液
ホツフジ ヤマボウキ、ヤマワラ  
ポトス類 Scindapsus spp. & Epipremnum spp. サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

ま行
ページTOPへ戻る
マーブルクイーン
マサキ ウシコロシ、シタワレ 葉、樹液、果実
松(松葉)
マムシグサ ヘビノダイハチ、ヤカゴンニャク、ムラサキマムシグサ 根、茎、果実、肉穂果
マユミ    
モクレン マグノリア、シモクレン、ハネズ 樹皮
モロヘイヤの種子 種子
モンステラ類 ホウライショウ Monstera deliciosa サトイモ科 (ディフェンバキア参照)

や行
ページTOPへ戻る
ヤグルマギク コーンフラワー、ブルーボトル、ヤグルマソウ  
ヤドリギ   Phoradendron spp. ヤドリギ科 トキサルブミン、フォラトキシン、ヴィスクミン
ヤツデ テングノウチワ  
ヤナギタデ ホンタデ 全草
ヤマアイ メソクサ  
ヤマシャクヤク ノシャクヤク
ヤマブキソウ    
ユズリハ イヌツル、ツルノキ 葉、樹皮
ユリ類その他 Lilium spp. ユリ科 (テッポウユリ参照)
ヨウシュヤマゴボウ アメリカヤマゴボウ 全草

ら行
ページTOPへ戻る
ラジウム
ラッパスイセン
ランタナ シチヘンゲ、コウオウカ、セイヨウサンダンカ 未熟種子、葉
リュウケツジュ
リュウゼツラン 神経毒
リシリソウ
リンゴ Malus spp. バラ科 種子 種子は青酸(シアン化水素酸)化合物を含有
ルバーブ ダイオウ、ショクヨウダイオウ
レイジンソウ
レンゲツツジ ドクツツジ、オニツツジ、ジゴクツツジ、ウマツツジ、ベコツツジ
ロベリア ロベリアソウ、ルリミゾカクシ 全草

わ行
ページTOPへ戻る
ワラビ ワラベ、ビケツ、ハシワラベ 地上部、根茎

【参考文献】
 THE CAT CARE/発行:ペットライフ社
 エドニー先生のネコと楽しく暮らす本/発行:ペットライフ社
 猫のすべてがわかる本/発行:KKベストセラーズ
 猫の救急マニュアル/発行:八坂書店
 動物が出会う中毒/発行:(財)鳥取県動物臨床医学研究所


にゃんこのおうち/top にゃんこのおうち