にゃんこのおうちロゴ> 猫の育て方 > 食事について3「食べさせたい食品」


 猫の育て方 


  猫のしつけとは?
  トイレについて
 
「してはいけないこと」を覚えてもらいましょう
  叱り方について
 
食事について 
  猫の世話
  猫の七つ道具
 
遊び道具について
 
猫の育て方 Q&A


◆◆◆  食べさせたい食品 ◆◆◆
人間の食事で一番大切なのはバランスだといわれますが、それは猫も同じこと。甘やかして偏食させていると、肥満猫になったり、体の弱い猫になってしまいます。

煮干し カルシウムやビタミン類の補給に最適。よくかまなければいけないので、歯の病気予防に効果的です。しかし、主食にすると他の栄養素が不足しますので、おやつ程度にとどめるようにしましょう。
チーズ 高タンパク、高カルシウムでビタミンAも豊富。おやつに与えるのもよいでしょう。カツテージチーズは低カロリーなので、ダイエット中の猫に最適です。人間用のは塩分が含まれているので、市販のペット用チーズを与えましょう。
卵黄 カロリーが高く、猫にとって消化率100%で、仔猫から老猫まで安心な食品です。市販のキャットフードなどに混ぜて与えるとよいでしょう。
牛肉 動物性タンパク質が豊富ですさらに動物性脂肪は猫にとって生命を維持するのに必要な必須脂肪酸の供給源。脂肪の多い部分を与えて下さい。

豚肉
牛肉に劣らず、タンパク質が豊富。
鶏肉 消化がよく、猫も好んで食べます。ただササミには脂肪が含まれていないので、ササミばかり与えてはいけません。脂肪を適度に含んでいる胸肉を与えましょう。
馬肉 脂肪分は少なめですが、タンパク質は豊富です。
羊肉 栄養が豊富でアレルギーを起こしません。
いつでも新鮮な水を用意しておきましょう。
野性の猫であれば、獲物から水分を十分摂取でき、水を飲むことはあまりありませんが、飼い猫ではそううまくはいきません。缶詰が主食であればあまり水を飲む必要がないようです。しかし主食がドライフードの場合、食事だけでは体に必要な水分は補いきれません。
飼い猫では、水を飲むことを好みます。中には「お風呂の水しか飲まない」「水道から直接出てくる水しか飲まない」「池の水でなければダメ」という、水に対してこだわりのある猫ちゃんもいるようですね。




 

 にゃんこのおうち