にゃんこのおうちロゴ> 猫の育て方 > 食事について1


 猫の育て方 


  猫のしつけとは?
  トイレについて
 
「してはいけないこと」を覚えてもらいましょう
  叱り方について
 
食事について 
  猫の世話
  猫の七つ道具
 
遊び道具について
 
猫の育て方 Q&A


◆◆◆  食事について ◆◆◆
 猫の嗜好
 猫は肉食性。だから魚よりも肉が好き。日本猫は日本人の食生活によって魚類に嗜好性をもっています。食べ物に強い執着を示し、同じものには飽きやすい性質があります。

 食事の回数
 朝夕2回与えるのが一般的ですが、あまり運動しない猫(猫舎などに収容されている猫)や、去勢、避妊手術を受けた猫たちでは肥満を防ぐために、1日1回でもよいでしょう。
 しかし、月ちゃんは、人間が猫自身が持っている食事をコントロールする能力を奪ってしまいたくないので、敢えて、「好きな時に食べることができる」方法をとっています。つまり「置きカリカリ」方式を採用しています。缶詰は猫自身が欲しい時におねだりするので、自己申告制になっています。(^^;)
 この方法の欠点は、個々の食欲が分かりにくいことですが、食欲や体調不良などの異常はよく注意していれば違いが分かるものなので、日頃の観察を怠らないようにしましょう。

 猫の食器は一定の場所に置きましょう
 一定の場所に決めるメリットは、猫が食事が欲しいときなどにその場所で待っていたり、その場所で鳴いたりして、飼い主に催促するようになるからです。ただ鳴くだけよりも、猫の意思が伝わりやすものです。

 人間の食べ物を与えるときは
 猫は仔猫時代に食べた物ものの中から、生涯に渡る食事の好みが決定されるようです。仔猫時代にあまりに美味しい物を食べさせすぎると、将来はグルメな猫ちゃんになってしまい、好みの食事を用意することが難しくなってしまいます。ですので、仔猫時代にはなるべく人の食べ物を与えないようにしましょう。

 食べ物の大きさについて
 猫が食べ物をくわえて隅に運んで食べている場合、その一因に食べ物が大きすぎるということがあります。大きすぎる食べ物の場合、他の者に取られまいとして、隠れて食べることがあります。小指の先ぐらいの大きさにちぎって与えるようにしましょう。

 「むら食い」について
 猫には「むら食い」の習性があり、毎日一定量の食餌を食べるとは限りません。1回ぐらい食べなかったからといって、心配はいらないのです。
 成長期の猫たちは、それだけ栄養要求があるために、毎回の食事を待ちきれず、きれいに平らげてしまうので苦労することはありませんが、成猫では、毎日与えられたものをむらなく食べさせるのに苦労することも多いものです。気に入らないものは匂いを嗅いだだけで、口も付けないこともざらにあります。そのため飼い主が根負けして、好むものだけを与える結果になりまり、偏食になってしまうのです。
 一度嫌いだと見向きもしなかったものでも、1〜2ヵ月後に再び与えてみると食べてくれることがよくあるものです。保存できるようならば、捨ててしまったりしないでとっておくとよいでしょう。



 

 にゃんこのおうち