にゃんこのおうちロゴ> 猫の不妊・去勢手術費助成(補助)制度一覧 〜道府県実施状況〜

 猫の不妊・去勢手術費助成(補助)制度一覧 

    東京都23区   東京都下   道府県   その他の助成(補助)制度    


道府県 「不妊・去勢手術費助成制度」実施状況

東北
宮城 青森 岩手 秋田 山形 福島
関東
東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野
関西
富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄




市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
【廃止】
 雄:1,800/雌:3,500
12年度実施状況:犬猫計:303頭
 助成額:1,153,000円
13年度実施状況:犬猫計:387頭
 助成額:1,536,000円(予定:500頭)
14年度実施状況:犬猫計:337頭
 助成額:1,235,000円(予定:400頭)
15年度実施状況:犬猫計:355頭
 助成額:1,300,000円(予定:400頭)
16年度実施状況:犬猫計:322頭
 助成額:1,275,000円
17年度 
廃止
平成6年度「飼犬・飼猫の助成」開始
平成16年度末終了
【廃止】
 雄:2,000/雌:3,500
 【13年度
14年度
 雄:2,500/雌:4,500
17年度実施状況
 (予定:犬猫190頭)
平成18年度の合併を機に廃止
市に在住、1世帯1頭まで
手術前に申請
※平成18年3月5日、北見市・端野町・常呂町・留辺蘂町が合併
調査中 千歳市の資料に助成ありの記述がある
雄:2,000
雌:5,000
調査中 平成5年4月1日施行
事前に書類を申請して手術
広報『わっさむ』2007年2月号和寒町飼い犬及び飼い猫避妊手術費用補助金交付規則和寒町飼い犬及び飼い猫避妊手術費用補助対象認定申請書ダウンロード[Word書類]
飼い主のいる猫
雄:2,000
雌:4,000
16年度実施状況
 予算:100,000円
平成18年3月31日施行(旧女満別町の助成を引き継ぐ)
手術後に申請
大空町飼犬・飼猫不妊手術費助成事業実施要綱
※平成18年、女満別町・東藻琴村が合併
【廃止】
助成制度なし
成元年9月「ねこ不妊(避妊)手術費助成事業」開始
平成7年3月で
廃止ねこ不妊(避妊)手術費助成事業
飼い主のいる猫
【廃止】
雌:3,000
平成6年〜16年度まで
 (助成件数 1,705件)
平成6年9月「飼猫不妊手術助成事業」開始
平成16年度廃止  


道府県
市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
 
調査中
 
青森県
全域
飼い主のいる猫 雄:5,000
雌:10,000
19年度実施状況
 雌125頭/雄50頭(犬猫計)
(社)青森県獣医師会では、毎年「捨て犬・捨て猫防止キャンペーン」を行っている/抽選・当選者には郵便で通知
 
調査中
16年12月の「動物いのちの会いわて」(10,286人署名添付)の請願では不採択
 
調査中
 
 
調査中
 
福島県
全域
雄:5,000
雌:10,000
調査中
平成21年4月1日から、(社)福島県獣医師会より助成(行政からの助成ではありません)
県内保健所からの譲渡猫に限る
獣医師会加入の県内動物病院にて手術





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいない猫(20年6月〜) 一律7,000
市で3,000円、獣医師会で2,000円
18年度実施状況予算600万
19年度実施状況
:(猫犬予定合計:2,000頭)
20年度
実施状況予算63,177,000円
 
(猫犬予定合計:2,500頭)
21年度予定:3,000頭猫犬合計)
 予算:1100万(総合計)
 ※同時にマイクロチップの装着費用の助成あり(予定1000頭に達した時点で終了)
 ※21年度は予定頭数に達し、7月31日で終了
昭和63年、飼い猫助成開始
平成20年6月、飼い主のいない猫助成開始
横浜市在住者が飼育する猫/飼い主のいない猫は、手術後「終生管理する」ことが条件(受付は20年6月2日から)/1人1回1頭、2頭目は手術後再申請/先着順(19年度までは抽選)/例年7月上旬に広報等でお知らせ/例年の応募数は、2600〜2700頭くらい(
16年度17年度は抽選計2000頭) 

※写真は保土ヶ谷区の「ニャンコも一緒におつきあい」リーフレット
飼い主のいる猫(市内在住猫)
(昭和63年〜)
一律5,000
市で3,000円、獣医師会で2,000円
市に登録した猫(助成対象) 雄:2,500
雌:4,000
 −−−−−−−−−−
 雄:3,000/雌:5,000
   (過去助成額)
調査中
昭和59年4月1日から施行
昭和57年4月から任意での「猫の登録制」開始
助成券の有効期限は発効日から一ヶ月/協定動物病院で利用
※市への登録無料。猫鑑札と愛猫登録証がもらえる
猫不妊・去勢手術費助成券交付申請書[PDF]/厚木市猫登録申請書厚木市猫登録事項変更届厚木市猫鑑札再交付申請書動物マイクロチップ装着費等助成事業厚木市猫不妊・去勢手術費助成要綱 [PDF版の要綱はこちら]厚木市猫の保護及び管理に関する指導要綱厚木市猫登録抹消届
雄:3,000
雌:4,000
調査中
平成6年4月1日施行
年度内1世帯1頭
秦野市犬猫不妊・去勢手術補助金交付要綱秦野市犬猫不妊・去勢手術補助金交付申請書[Word書類]/秦野市犬猫不妊・去勢手術補助金交付決定通知書[Word書類]/秦野市犬猫不妊・去勢手術補助金手術完了報告書兼交付請求書[Word書類]
飼い主のいない猫 【団体へ助成】
一律:2,000
19年度実績:団体登録数計4団体
  (助成計390,000円)
20年度実績:団体登録数計4団体
  (助成計400,000円)
19年11月8日開始
市内の飼い主のいない猫に不妊又は去勢手術を行い、かつ地域内で適正に管理している団体に補助金を交付/団体登録が必要/1団体50件を上限/予算の範囲内のため、団体予定総数の合計が予算の範囲を超える場合は、1件あたりの補助額が2,000円を下回る場合あり
飼い主のいない猫対策事業補助対象団体登録・補助金交付申請書 [PDF]/飼い主のいない猫対策事業補助対象団体補助金交付申請書 [PDF]/飼い主のいない猫不妊去勢手術事業実績報告書 [PDF]/鎌倉市飼い主のいない猫対策事業補助金交付要綱 [PDF]
飼い主のいる猫 費用の20%相当額
 雄2,500円(上限)
 雌4,000円(上限)

12年度実施状況:雄127頭/雌164
  (犬猫計1,253,000円)
13年度実施状況:雄144頭/
雌150
  (犬猫計1,349,000円)
14年度実施状況:雄157頭/
162頭
  (犬猫計1,439,400円)
15年度実施状況:雄118頭/
雌138
16年度実施状況:雄91頭/
133頭
17年度実施状況:雄111頭/
115頭
18年度実施状況:犬猫計459,000円
19年度実施状況:雄雌計229頭
  (犬猫計454,000円)
20年度実施状況:雄雌計267頭
昭和60年4月1日開始(平成14年8年1日改正)
一世帯2頭を限度
湘南獣医師会会員及び鎌倉市内の動物病院で手術
手術後30日以内に、申請書に手術費計算書(領収書を兼ねる)を添付し申請
鎌倉市動物愛護推進事業運営要綱
飼い主のいる猫、いない猫 雄:2,000(250頭)
雌:3,000
(500頭)
17年度実施状況
 雄:34頭/
:86頭
18年度実施状況
 雄:125頭/
:250頭
 (予算:1,000,000円)
19年度実施状況
 (予定:雄125頭/雌250頭)
 (予算:1,000,000円)
昭和49年(1974年)犬猫の助成開始
平成3年4月1日からは対象を猫に特化
平成19年度から野良猫にも助成を拡大
市内在住の人/1世帯3頭まで/先着順/申請書は5月1日から配布/指定獣医師のもとで実施した手術のみ/平成19年度から指定獣医師の範囲拡大(川崎市内・隣接の横浜市の区及び東京都の区と市)
申請書・証明書様式 [PDF]/申請書・証明書様式 [Excel書類]/市政だより市政だより川崎市麻生区・猫の不妊去勢手術補助金川崎市の動物愛護事業の施策と現状/「川崎市ねこの適正飼養ガイドライン」/川崎市ねこの不妊及び去勢手術補助要綱川崎市ねこの不妊及び去勢手術補助要綱 [PDF]/川崎区「ねこ飼養状況届出制度」 [PDF]/高津区「ねこの不妊及び去勢手術補助制度」宮前区「ねこの不妊及び去勢手術補助制度 」麻生区「猫の不妊去勢手術補助金」

※川崎区の届け出の方に配布される「ねこペンダント」


※川崎区の「4つのお願い!〜川崎区ねこの適正飼養ガイドブック〜
雄:3,000
雌:4,000
調査中
本市に住民登録がある/1世帯年間1頭/「猫避妊去勢済プレート」の配布あり(人と猫が快適に暮らせる街づくりのために)
猫避妊及び去勢手術費補助金交付申請書綾瀬市猫避妊及び去勢手術費補助金交付要綱[PDF]
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:5,000
17年度(交付額:715,000)
18年度(交付額:700,000)
本町に在住で、町税に未払いがない方/生後6カ月以上の猫を飼っている方
愛川町猫不妊・去勢手術費助成申請書[PDF]/同意書[PDF]/町税の納付状況調査同意書[PDF]/愛川町猫不妊・去勢手術費助成要綱
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:5,000
16年度実施状況:雄6頭/雌19頭
17年度実施状況:雄5頭/雌7頭
18年度実施状況:雄7頭/雌7頭
19年度実施状況:雄5頭/雌8頭
20年度実施状況:雄5頭/雌11頭
平成13年4月1日開始
村内に在住で村税を完納し、生後6か月以上の猫で手術後引き続き猫を飼い続ける方/手術後6か月以内に手続き
助成申請書[PDF]/猫不妊・去勢手術費助成申請書 [WORD書類]/清川村猫不妊・去勢手術費助成要綱[PDF]
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:5,000
調査中
町内にに住民登録がある
1世帯年間1頭、手術前に申請
猫不妊・去勢手術費助成事業補助金交付申請書 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:3,000
16年度おおいそ議会便り
 (予算:370,000)
平成元年〜16年で一時休止(署名運動により復活)
本町在住、町に飼猫登録をしている飼養者
飼養者とその世帯の者:5匹まで
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:3,000
21年度実施状況:雄14頭・雌17頭
        ('09年1月末現在)
22年度実施状況:31件/86,000円
        ('11/11/18日現在)
本町在住、1飼育者につき当該年度1頭
真鶴町猫不妊・去勢手術費助成金交付要綱
雄:2,100
雌:3,400
15年度実績:決算額2,937,000円
16年度実績:決算額3,140,000円
17年度実績:決算額4,879,000円
18年度実績:決算額4,845,000円
19年度実績:決算額4,179,100円
20年度予算:支出額4,870,000円
獣医院での補助金立替え方式(手続きのすべてが獣医院で済む)
犬・猫の不妊手術料補助金の交付を受けるには?/「横須賀市猫の飼育ガイドライン」を作成猫の不妊手術料補助金交付要綱
雄:2,800
雌:4,000
調査中
平成5年6月1日開始
市内居住で、市内飼育、手術後申請
営利を目的としないこと
犬・猫不妊去勢手術助成事業補助金交付申請書
相模原市犬・猫不妊去勢手術助成事業補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:3,000
調査中
平成5年4月1日助成開始
市内在住/1世帯年間1頭/市税の滞納がないこと
申請書ダウンロードページ猫不妊去勢手術補助金交付申請書藤沢市猫不妊・去勢手術補助金交付要綱藤沢市猫不妊・去勢手術補助金交付要綱 [PDF]
飼い主のいる猫 一律:3,000
調査中
生後6 か月以上の飼い猫が対象
飼い主のいる猫 【廃止】
 一律:3,000
10年度実施状況:289頭
11年度実施状況:248頭
12年度実施状況:206頭
13年度実施状況:170頭
14年度実施状況:194頭
15年度実施状況:237頭
16年度実施状況:202頭
平成17年度廃止
調査中
猫の登録制度あり(猫の鑑札の交付)
雄:3,000
雌:5,000
(※手術費が上記に満たない場合は、その金額)
 −−−−−−−−−−
 雄:2,000/雌:3,000
   (〜19年度)
平成19年度(10月(施行)〜翌年3月)
 交付件数:83件(飼い猫のみ)
平成20年度(20年4月〜8月末)
 交付件数:28件
平成19年10月1日「飼い猫助成」開始
20年10月1日改正(飼い主のいない猫へ助成拡大)
市内在住で生後3ヶ月以上の猫/一世帯5匹まで/県内に開業する獣医師が行う手術
申請手続きのしかた [PDF]/猫不妊及び去勢手術補助金申請書類猫不妊及び去勢手術費補助金交付申請書[PDF]/猫不妊及び去勢手術費補助金交付申請に係る調査票[PDF]/平塚市猫不妊及び去勢手術補助金交付要綱
飼い主のいる猫
飼い主のいない猫猫TNR助成金制度 雄:3000(1匹)
雌:5000(1匹)
(一度の申し込みにつき合計10匹まで)
※未手術猫が残っている場合は、再度申請を受け付け
19年度地域別データ
20年度(予定1000匹)
 小計:823頭
 総計:3002頭(平成17年から)
財団法人どうぶつ基金さんが行う助成制度
平成17年、地域猫無料不妊手術開始
不妊手術の際、耳先カットを行う
県の自治会、グループ、個人に対して助成
未手術の猫が残っている場合は、手術領収書提出後、再度申請を受け付け
飼い主のいない猫(地域猫)との共生プラン [PDF]/ポスター「耳先がカットされている猫は不妊手術済みの印」





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいない猫 【廃止】
雄:3,000
雌:4,000
  (1匹につき)
  (16年度から減額)
14年度実施状況(犬猫合計)
 合計:22,494,000/2959頭
15年度実施状況(犬猫合計)
 合計:25,095,000/3095頭
16年度実施状況(犬猫合計)
 予算:20,465,000/目標:3195頭
17年度実施状況(猫のみ)
 目標:160頭
18年度実施状況(猫のみ)
 予算:10,763,000
19年度実施状況(猫のみ)
 予算:3,190,000/目標:550頭
平成16年度開始
平成17年度で終了
【廃止】(さいたま市犬及び猫の去勢・不妊手術費助成金交付要綱)
市内に生息する飼い主のいない猫、市内に在住、在勤の方、一世帯6匹まで
助成までの流れ [PDF]/埼玉県・動物関係啓発物ダウンロードページ

捨て猫(飼い猫は対象外) 一律:5,000 15年度実施状況
 犬猫計89頭(計445,000円)
 (予算:犬猫計100頭、計500,000円)
16年度実施状況
 実績:調査中
 (予算:犬猫計100頭、計500,000円)
平成15年4月1日開始
市内在住、1年度1世帯10頭まで
市内で捕獲又は保護した捨て猫で当該猫を飼養又は保管する場所が市内であること
市内で開業する獣医師による去勢・不妊手術
志木市捨て犬・捨て猫去勢・不妊手術補助金交付要綱[PDF]
飼い主のいる猫 雄:5,000
雌:5,000
17年度実施状況(犬猫合計)
 (予算:600,000円)
18年度実施状況(猫のみ)
 (予算:500,000円)
平成9年4月1日開始(18年度から猫のみ助成)
市民が市内で飼育している猫
1年度1世帯につき1頭、手術後に申請
市内で開業獣医師が手術
和光市飼い猫の去勢・不妊手術費補助金交付要綱
飼い猫の去勢・不妊手術費補助金交付申請書[PDF] 

飼い主のいる猫 一律:5,000
調査中
15年6月1日開始
市内在住、1年度1世帯につき1頭 
【廃止】
 雄:5,000/雌:8,000
調査中
平成16年度で廃止
広報かすかべ/2006年7月号〜野良猫の実態調査〜[PDF]





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
市内に生息する飼い主のいない猫 一頭:9,000円
(手術費用または助成限度額のいずれか少ない額)
 −−−−−−−−−−
 ※20年度まで
  雄:10,000(上限)
  雌:10,000(上限)
(超過分は申請者負担)
 −−−−−−−−−−
 ※19年度まで
  雄:10,000
  雌:15,000
19年度実施状況
 雄6頭/雌46頭(全52頭/計75万円)
 予算:750,000円
20年度実施状況
 昨年度より予算が多くなるとの情報あり
22年度実施状況
 予定:100頭
23年度実施状況
 予定:70頭

※市の「のら猫を考える」パンフレット
平成19年7月17日(火)開始
市内指定動物病院で不妊・去勢の手術

申請者が市内在住、手術前に申請
1人1頭で応募者多数の場合抽選
助成金は市より獣医師へ支払う
「市川市猫の不妊等手術費助成金交付制度」募集要領 [PDF]/市川市猫不妊等手術費助成金交付申請書[PDF]/町の猫問題
飼い主のいない猫を考える(広報いちかわ)地域猫を知っていますか[PDF] 
飼い主のいない猫
雄:10,000
雌:
15,000
平成20年度
 (予算:1,500,000)
 (メス・オス併せて100匹程度)
平成20度開始
同一申請者は、年度内に5匹分まで助成
市内在住で市へ地域猫愛護員の登録者
市内に生息する「飼い主のいない猫」に避妊去勢手術を施す方
※猫を放すときは職員が立ち会う
避妊去勢手術費助成金の交付申請避妊去勢手術費助成金の実績報告避妊去勢手術費助成金の交付請求 

飼い主のいる猫 一律:3,000
調査中
市内に居住、手術後に申請
(社)千葉県獣医師会及び(財)千葉県動物保護管理協会が実施する猫の不妊手術の助成を受けた者は除外
四街道市犬及び猫の不妊手術助成金交付要綱
飼い主のいる猫 一律:5,000
調査中
応募は1世帯1頭限り
応募者多数の場合は抽選
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:
4,000

【旧】一律:5,000
  (19年度まで)
16年度実施状況(205件)
17年度実施状況(予算:100万)
 猫合計:94頭/予定:200頭(犬猫合計)
18年度実施状況(予算:100万)
 猫合計:103頭/予定:200頭(犬猫合計)
1世帯1頭まで、 申請者多数の場合は抽選/市内に住民登録・外国人登録がある/(社)千葉県獣医師会及び(財)千葉県動物保護管理協会が実施する「犬又はねこの不妊手術の助成」を申請していないこと/助成決定者は「犬及びねこの不妊手術助成金請求書」を保健所に提出
飼いねこ不妊・去勢手術の一部助成のお知らせ
犬・ねこ不妊手術の助成金交付を申請書[Word書類]/犬及びねこの不妊手術助成金交付申請書[PDF]/船橋市保健所HP旧:船橋市保健所HP)/船橋市動物愛護指導センター市民協働モデル事業
飼い主のいない猫
【廃止】
飼い主のいない猫 不妊・去勢手術費助成金

雄:11,500(上限)
雌:15,000(上限)
15年度実施状況:雄4頭/16頭
 (予算:441千円/実績:286千円)
16年度実施状況:雄7頭/
23頭
 (予算:450千円/実績:426千円)
17年度実施状況:雄6頭/
23頭
 (予算:450,千円/実績:414千円)
18年度実施状況:雄3頭/
14頭
 (予算:450千円/実績:244.5千円)
平成16年1月(15年度)開始
平成19年3月末(18年度)
廃止
広報習志野 [PDF]/習志野市飼い主のいない猫不妊・去勢手術費助成要綱/習志野市空き缶等の投棄、違反ごみ出し並びに飼い犬及び飼い猫のふんの放置をしないまちづくり条例習志野市空き缶等の投棄、違反ごみ出し並びに飼い犬及び飼い猫のふんの放置をしないまちづくり条例施行規則  
飼い主のいる猫 一律:5,000
調査中
平成17年7月1日開始
市内に居住、他の実施する「助成」を申請していないこと
旭市犬猫の不妊及び去勢手術補助金申請書(請求書)
旭市犬猫の不妊及び去勢手術補助金交付要綱
※旭市、香取郡干潟町、海上郡飯岡町と合併
飼い主のいる猫 一律:4,000
調査中
平成17年12月5日開始(合併により)
市内居住、2頭まで
助成金交付の申請し決定通知を受けた者
他の実施する「助成」を申請していないこと
いすみ市犬及び猫の不妊手術助成事業実施要綱犬及び猫の不妊手術補助金交付申請書 [PDF]/不妊手術証明書[PDF]/犬及び猫の不妊手術補助金交付請求書[PDF]
飼い主のいる猫 一律:3,000
調査中
平成13年12月4日開始
町内に在住し町内において飼養する者
年度内1飼養者につき1頭
飼い猫証明として首輪に名前をつける
申請→決定通知→手術→助金交付請求書提出
他の実施する「助成」を申請していないこと
御宿町犬及び猫の不妊手術助成事業実施要綱
飼い主のいる猫 一律:3,000
調査中
平成7年4月1日開始
市内に居住、手術後に申請
他の実施する「犬又はねこの不妊手術の助成」を申請していない
四街道市犬及び猫の不妊手術助成金交付要綱
匝瑳市
(そうさし)
飼い主のいる猫 一律:5,000
調査中
市内に居住する市税に未納がない、生後6カ月以上の猫
犬等の不妊及び去勢手術補助金交付申請書
[PDF] /匝瑳市犬等の不妊及び去勢手術補助金交付要綱
平成18年1月23日に八日市場市と匝瑳郡野栄町が合併
飼い主のいる猫 一律:3,000
20年度予定:200頭
平成20年4月1日開始
1年度につき1世帯あたり一匹
市に住所を有しかつ居住している者で市税を滞納していない者
袖ケ浦市犬及び猫の不妊・去勢手術助成金交付要綱袖ケ浦市犬及び猫の不妊・去勢手術助成金交付申請書袖ケ浦市犬及び猫の不妊・去勢手術助成金交付請求書
雄:5,000
(うち獣医師会分2,000)
雌:6,000
(うち獣医師会分3,000)
21年度予定:800頭
 (予算:2,600,000)
22年度予定:1000頭
平成9年6月1日開始
千葉市獣医師会と協同で「飼いねこ」の不妊手術費用の一部を助成/市に住所を有し、市内で健康なねこを飼養している者/先着順
ちば市民便利帳「犬、ねこの不妊手術費用の助成について」くらしのガイド【ちば市民便利帳】リーフレット(申請方法等)[PDF]
(市独自の)助成制度なし
(財)千葉県動物保護管理協会(社)千葉県獣医師会の紹介
応募書式見本 [PDF]
(市独自の)助成制度なし
広報さかえ[18年]広報さかえ[19年]
(市独自の)助成制度なし
市原市獣医師会の助成(社)千葉県獣医師会と(財)千葉県動物保護管理協会の助成   ※下記参照
千葉県
全域
飼い猫
(獣医師会)
飼い猫
(保護協会)
一律:5,000
手術費用から割引
18年度助成数
 805頭分
(財)千葉県動物保護管理協会(社)千葉県獣医師会と共同で、不妊・去勢手術の助成
毎年、動物愛護週間(9月20日〜26日)に募集、1世帯当り1頭(1通)の応募、獣医師会会員の病院で手術、利用券の交付後12月26日までに手術/応募方法 [PDF]/【「獣医師会が助成」と告知のある市町村】
市原市 栄町 
 パンフレット:ねこの正しい飼い方〜大切なペットと楽しく暮らすために〜(PDF:989KB)
 パンフレット:「人とねこの共生ガイドライン・前編(PDF)
        「人とねこの共生ガイドライン・後編(PDF)
 パンフレット:「人とねこの共生ガイドライン」概要版(千葉県 平成22年3月発行)
 アンケート :犬猫の飼養実態調査(PDF:431KB)





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:4,000
調査中
市内で飼育する猫/市内に居住、市に住民票がある方/予算が無くなり次第終了
犬及び猫避妊手術費及び去勢手術費補助金申請書類一式
[PDF]/犬及び猫避妊手術費及び去勢手術費補助金申請書類《記入例》 [PDF]/記載注意事項 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:4,000
調査中
住民記録をしている者でかつ居住している者/市税等を完納している者/年度内1世帯1頭、手術後に申請/犬猫の避妊・去勢手術補助金交付請求書 [DOC]/鉾田市犬猫の避妊・去勢手術補助金交付要綱
飼い主のいる猫 一律:3,000
調査中
補助金申請日に鹿嶋市に住所を有する、市税などの滞納がない者/茨城県獣医師会加盟獣医師において手術/同年度1世帯あたり1頭、手術後に申請/犬・猫の避妊・去勢手術助成補助金について犬猫補助金申請書 [PDF]/補助金交付請求書 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:3,000
 −−−−−−−−−−
 雄:3,000
 雌:4,500
 (合併時の旧助成額)
平成17年度実績
 雄77頭(346,500円)/雌20頭(6万円)
平成18年度実績
 雄27頭(81,000円)/雌40頭(18万円)
平成19年度実績
 雄19頭(53,200円)/雌44頭(184,800円)
平成20年度実績
 雄36頭(151,200円)/雌14頭(39,200円)
平成17年3月22日開始
本市在住の住民基本台帳登録者/市税等を完納している者/毎年度1世帯当たり猫1匹/手術日から20日以内に申請
坂東市犬猫の避妊及び去勢手術補助金交付要綱

※平成17年3月22日、岩井市・猿島郡猿島町が新設合併
飼い主のいる猫 手術代(税込)の1/3
(限度額:10,000)
調査中
平成15年3月17日開始
手術日・申請日ともに神栖市民であり市税などの滞納のない者/同年度1世帯につき1匹まで/神栖市犬及び猫の避妊・去勢手術補助金交付要項
潮来市
(いたこし)
雄:2,000
雌:4,000
調査中
市に居住及び住民登録されている方
同年度一世帯あたり1頭/手術後に申請 
飼い主のいる猫 雄:2,500
雌:4,000
調査中
町に居住し、住民基本台帳等に登録している/年度内1世帯につき1頭/手術後申請
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:4,000
調査中
平成17年9月2日施行
市に住所を有し、居住/市税等を完納している者/獣医師において避妊、去勢手術を行う者/生後3ヶ月以上の猫/毎年度一世帯あたりそれぞれ1頭/
行方市犬・猫の避妊,去勢手術補助金交付要項犬・猫の避妊,去勢手術補助金申込書 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:4,000
調査中
平成17年4月1日施行
申請後に手術
東海村犬及び猫の避妊及び去勢手術費補助金交付要綱
雄:2,400
雌:
3,600
調査中
平成15年4月1日施行
境町犬猫の避妊・去勢手術補助金交付要項
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:4,000
14年度実施状況:予定1200頭(犬猫計)
17年度実施状況:予定850頭
18年度実施状況:予定850頭
平成8年度開始
平成16年度から対象を縮小
県内に在住、先着順





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:4,000
13年度実施状況:犬猫計1,510頭
 (助成額5,800,000円)
14年度
実施状況:犬猫計1,340頭
 (助成額5,174,000円)
15年度
実施状況:犬猫計1,295頭
 (助成額6,523,000円)
16年度
実施状況:犬猫計1,359頭
 (助成額6,826,000円/予算:5,574千円)
17年度実施状況:犬猫計1,406頭
 (予算:5,316千円)
18年度実施状況:犬猫計1,411頭
19年度実施状況:犬猫計 〜
調査中
20年度実施状況:犬猫計1,920頭
平成7年度「宇都宮市飼い犬等不妊・去勢手術費補助金」助成開始
宇都宮市に住民登録している方
飼い猫を所有し,市税の滞納がない人
一世帯、当該年度1頭
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:4,000
調査中
1年度1世帯あたり1回
同居する家族全員が市税等を完納している
栃木県獣医師会塩谷支部の獣医師の手術
真岡市
(もおかし)
飼い主のいる猫

雄:助成なし
雌:3,500
13年度実施状況:猫193頭
 犬猫予算計:1,999,000円
14年度実施状況:猫177頭
 犬猫予算計:721,000円
15年度実施状況:猫133頭
 犬猫予算計:716,000円
16年度実施状況:猫117頭
 犬猫予算計:570,000円
17年度実施状況:犬猫計148頭
 犬猫予算計:580,000円
18年度実施状況:猫97頭
 犬猫予算計:670,000円
19年度実施状況:猫120 頭
 犬猫予算計:670,000円
20年度実施状況:猫130 頭
21年度実施状況:猫225頭(見込み)
平成4年4月1日開始
市内在住の市税完納者
芳賀郡市内に開業する獣医師による避妊手術
補助金交付申請書を提出後手術

【助成額の変遷】
・平成4〜10年度、10,000円/1匹
・平成11〜13年度、7,000円に減額
・平成14年度からは、猫3,500円に減額
真岡市犬及び猫の避妊手術補助金交付要綱
飼い主のいる猫(販売目的以外) 雄:助成なし
雌:4,000
(限度)
(平成22年4月1日以降に実施する手術に限る)
22度予算
 犬猫合計:225匹分(100万円)
平成22年4月1日開始
雌の飼い猫/1世帯当たり当該年度2頭まで/所有者の世帯において市税の滞納がない/手術実施後30日以内に申請書を提出
大田原市飼い犬及び飼い猫の避妊手術費補助金申請書兼請求書 [PDF]
大田原市飼い犬及び飼い猫の避妊手術費補助金交付要綱





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:5,000
20年度実施状況
 11月6日付けで予算額に達し終了
平成20年4月1日開始
市内の方が飼われている犬と猫/住民基本台帳に登録/世帯全員が市税などを完納/飼い猫証明に地区環境保健委員の署名捺印/予算額に達した時点で受け付け終了/館林市犬及び猫の避妊等手術費補助金交付申請書 [PDF]/館林市犬及び猫の避妊又は断種手術費補助金交付要綱館林市犬及び猫の避妊又は断種手術費補助金交付要綱 [PDF]
一律:3,000
調査中
平成9年開始(合併前)
平成18年3月27日施行(合併後)
東吾妻町犬及び猫避妊手術等補助金交付要綱
飼い主のいる猫 一律:5,000
調査中
手術は、群馬県獣医師会加入獣医に限る 
飼い主のいる猫 雄:2,700
雌:9,000
調査中
平成8年開始(合併前)
平成20年4月1日施行(合併後)
みなかみ町犬及び猫の避妊等手術費補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:3,800
雌:7,600
(1頭につき)
調査中
平成18年10月開始
本町に居住(住民基本台帳に記録されている)/険税の滞納がない者/当該者の属する世帯全員に町税及び国民健康保/補助対象動物を所有・飼養している者/販売を目的として飼養されていない猫
大泉町犬及び猫の避妊等手術費補助金交付申請書 [PDF]/大泉町犬及び猫の避妊又は断種手術費補助金交付要綱
雄:3,000
雌:8,000
調査中
手術前に申請
明和町犬及び猫の避妊等手術費補助金交付申請書 [PDF]/明和町犬及び猫の避妊等手術費補助金交付請求書 [PDF]/明和町犬及び猫の避妊等手術費補助金実績報告書 [PDF] 
飼い主のいる猫 雄:5,000
雌:10,000
調査中
平成14年4月1日施行
千代田町犬及び猫の避妊又は断種手術費補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:2,500
雌:5,000
調査中
平成14年4月1日施行
邑楽町犬及び猫の避妊又は去勢手術費補助金交付要綱
飼い主のいる猫 【廃止】
 
一律:5,000
調査中
事前に申請 
17年度「犬猫避妊等手術費補助金」
廃止





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫 雄:4,000
雌:5,000
調査中
市に住所を有する者、手術前に助成券を申請
手術費は、その費用から助成額を差し引いた額
韮崎市犬及び猫の不妊・去勢手術費助成要綱
飼い主のいる猫 雄:4,000
雌:7,000
調査中
飼い主が本町に住所を有す方/手術前に申請/申請者及び同一生計者が町税を未滞納/飼い主と一緒に写った写真・飼い主である旨の近所の方の証明
※増穂町・鰍沢町が合併(合併前に増穂町に助成あり)
雄:5,000
雌:10,000
調査中
飼育者が市内に在住/手術後6ヶ月以内に申請/県獣医師会々員の獣医師において手術
犬及び猫の不妊・去勢手術費補助金交付申請書 [PDF]/犬猫の不妊・去勢手術費補助金交付申請書 [Word書類]/北杜市犬及び猫の不妊・去勢手術費補助金交付要綱
※明野村、須玉町、高根町、長坂町、大泉村、白州町、武川村、小淵沢町が合併
飼い主のいる猫 費用の1/2以内
(上限は雄:4,000
    雌:7,000)
調査中
市内に居住し、市内において飼育/手術前に申請/県内の獣医師にて手術/飼い犬及び飼い猫の不妊・去勢手術補助金交付申請書ダウンロード/飼い犬及び飼い猫の不妊・去勢手術補助金交付申請書 [PDF]/笛吹市飼い犬及び飼い猫の不妊・去勢手術費補助金交付要綱
※2004年、石和町、御坂町、一宮町、八代町、境川村、春日居町、芦川村が合併
雄:4,000
雌:7,000
 −−−−−−−−−−
 【旧玉穂町】
 雄:4,000
 雌:7,000(1頭につき)
調査中
平成18年2月20日施行(旧玉穂町の助成を引き継ぐ)
申請の際、猫が写った写真が必要/動物病院の指定なし
※玉穂町・田富町・豊富村が合併して新設された市で、旧玉穂町の助成を継承
飼い主のいる猫 手術費の1/2
(限度額 雄:3,000
     雌:
5,000)
調査中
飼い主と一緒の写真を提出/手術前に申請
犬及び猫の不妊及び去勢手術費補助金交付申請書 [PDF]/犬及び猫の不妊及び去勢手術費補助金交付請求書 [PDF]/甲斐 市犬及び猫の不妊及び去勢手術費補助金交付要綱
※2004年に竜王町、敷島町、双葉町が合併し誕生
飼い主のいる猫 雄:5,000
雌:8,000
調査中
平成10年4月1日開始
飼い主と一緒の写真とご近所証明が必要/手術前に申請
申請書ダウンロード昭和町犬及び猫の避妊・去勢手術補助交付申請書 [PDF]
市川三郷町 飼い主のいる猫 手術費用の1/2以内
 雄:6,000(限度額)
 雌:10,000
(限度額)
調査中
交付決定日から3ヶ月以内に手術/県内の獣医師で手術
市川三郷町犬及び猫の避妊・去勢手術費補助金交付申請書 [PDF]
市川三郷町犬及び猫の避妊・去勢手術費補 助金交付要綱
※西八代郡の市川大門町、三珠町、六郷町が合併
助成制度なし
●旧:勝沼町
 
雄:4,000
 雌:
8,000
助成制度なし
※2005年、勝沼町・塩山市・大和村と合併
助成制度なし
※山梨市、牧丘町、三富村が合併





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
 
調査中
 
飼い主のいる猫 雄:2,500
雌:4,000
19年度実施状況
 犬猫計:1,050頭
長野市内在住、1世帯1頭、手術前に申請
飼い主のいない猫、いる猫 雄:3,000
雌:5,000
調査中
平成13年3月16日開始
市内在住の方、1世帯年1回の助成
手術前に申請、市内の動物病院で手術
須坂市犬・猫繁殖制限手術助成事業実施要綱
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:5,000
調査中
村内在住者が村内で飼養する猫
年度内1世帯1頭、手術前に申請
ペット火葬施設利用補助金交付事業あり
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:5,000
14年実施状況:犬猫計30頭
15年実施状況:犬猫計24頭
16年実施状況:犬猫計16頭(予算72,000)
17年実施状況:犬猫計30頭(予算130,000)
18年実施状況:猫17頭/犬0頭'予算130,000)
1世帯につき1頭
くらしの便利帳 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:3,000
雌:5,000
村内で飼養する村内に居住する所有者
年度内1世帯1頭、手術前に申請
平成18年3月31日をもって終了
助成制度なし
 
猫(助成する各市町村により異なる) ※額は各市町村により異なる
飯田市
 雄:3,000、雌:4,000
青木村 (広報あおき)
 雄:3,000、雌:5,000
上田市
 雄:3,000、雌:5,000
●東御市
 雄:3,000、雌:5,000
長和町 (広報ながわ)
 雄:3,000、雌:5,000
駒ヶ根市補助
 一律:3,000
17年度実施状況:予算560,000
18年度実施状況
 50頭上伊那地域在住者
「犬・猫の繁殖制限普及啓発補助事業」
会の各支部が在住する犬・猫の飼主
1世帯1頭のみ
往復葉書を郵送して応募
希望者多数の場合は抽選





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
 富山市 飼い主のいない猫 一律:15,000
   (一頭につき)
市補助   :5,000
獣医師会補助:5,000
申請者負担金:5,000
調査中
平成15年開始
地域の代表者に助成/周辺住民の理解が得られていること/
市・(社)富山県獣医師会・申請者の三者がそれぞれ負担/事前に申込し承認
一町内に対して10頭分を限度として補助 
飼い主のいる猫 一律:5,000
(当該手術費が超えない場合は、その額)
調査中
市内に住所を有し、市内育養の猫
犬・猫避妊手術費助成申請書・請求書 [PDF]
【廃止】
 雄:2,000/雌:2,400
19年度実施状況 19年度から廃止
飼い主のいる猫 【廃止】
 雄:1,700/雌:2,000
17年度から廃止
飼い主のいる猫 雄:1,700
雌:2,000
調査中
H20年度までに、不妊・去勢手術支援制度の廃止の目標と「行財政改革大綱2007 」で掲げている
羽咋郡志賀町の暮らしのガイドブック
●旧:丸岡町
 いる猫→手術代の1/3
 いない猫→区長の申請
 雄:4,000/雌:7,000
調査中
福井県・猫を飼っている皆様へ
※18年に三国町・丸岡町・春江町・坂井町と新設合併
助成制度なし
飼い犬の不妊・去勢手術費の一部補助あり





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいない猫、いる猫 【市】
 雄:1,050
 雌:2,100
【獣医師会】
 雄:2,100
 雌:4,200
15年度実施状況:犬猫計3927頭
16年度実施状況:雄1203頭/雌1673頭
20年度実施状況:現在未確定
21年度予定
 雄1620頭/雌2238頭(犬猫計960万)
市内において所有又は飼養等している市内在住の方
市の指定する獣医師で手術
補助券の有効期間は10日間(交付日を含む)
飼い猫でなくても「地域猫などの管理されている猫」は対象に
飼い主のいない猫 雄:7,500
雌:12,000
調査中
市内に生息する飼い主のいない猫
市内の動物病院で手術/市内在住の方/予算の範囲内で先着順
雄:1,520
雌:2,850
調査中
所有者が市内に居住/市内の動物病院で手術/手術日を予約し手術日前に申請
猫避妊等手術補助券交付申請書
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:2,500
調査中
市内に在住
申請後手術
手術費は補助額を差し引いた額を支払う
飼い主のいない猫、いる猫 雄:2,000
雌:4,000
調査中
平成9年4月1日開始
町内在住の猫の飼い主又は飼育者/手術予約→手術前に申請→決定通知受取/長久手町犬・猫避妊等手術費補助金交付申請書 [PDF]/長久手町犬・猫避妊等手術費補助金交付要綱 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:4,000
17年度実施状況犬猫合計206頭
18年度実施状況
雄53頭/101頭
 (犬猫合計726,000円/219頭)
19年度実施状況(犬猫合計)
 雄60頭/雌150頭(予算:720,000円)
市内在住
手術後に申請
犬及び猫避妊等手術費補助金交付申請書 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:2,500
調査中
所有者が江南市民
手術は「開業しているすべての獣医師」/手術前に申請
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:4,000
調査中
申請者が市民である/手術後に申請
尾張旭市犬・猫避妊等手術費補助金交付要綱 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:3,000
調査中
市内にお住まいの方
手術は獣医師法に基づく診療施設で受ける
飼い主のいる猫 手術代の1/3以内
(限度額 雄:2,000
     雌:4,000

  (平成18年度〜 )
16年度実施状況:計204頭(計740,000)
17年度実施状況:計219頭(計786,000)
18年度実施状況:計219頭(計851,000)
19年度実施状況:予算790,000円
20年度実施状況予算780,000
平成13年度開始
町内に住所がある
開業獣医師による手術
手術後に申請
三好町犬・猫避妊等手術費補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:4,000
調査中
平成3年3月30日開始
市内在住、手術前に申請(交付までの流れ
犬、猫避妊去勢手術費補助金交付申請書 [PDF]/犬、猫避妊去勢手術完了報告書 [PDF]/豊明市犬、猫避妊等手術費補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:2,500
雌:4,000
調査中
日進市犬・猫避妊等手術費補助金交付申請書兼請求書 [PDF]/日進市犬・猫避妊等手術実施報告書 [PDF]/日進市犬・猫避妊等手術費補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:4,000
調査中
東海市猫避妊等手術費補助金交付要綱
東海市猫避妊等手術費補助金交付申請書兼請求書 [PDF]/東海市猫避妊等手術費補助金実施報告書 [PDF]/(市税)完納証明願・完納証明書 [PDF]





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫  雄:3,000
雌:4,000
調査中
平成17年3月28日開始
市民が飼養している飼い猫/1世帯1頭
飼い犬等避妊手術費補助金交付申請書 [PDF]/海津市飼い犬等避妊手術費補助金交付要綱
※平成10年、合併前の「海津町飼い犬等避妊手術費補助金交付要綱」から継承
飼い主のいる猫
調査中
調査中
広報きたがた(05年8月07年10月
【廃止】
  調査中
15年度実施状況
 雄:0頭/雌:829頭、計:829頭
平成16年度から廃止





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
雄:5,000円
雌:10,000円
17年度予算:7,560,000円
飼い主の判明しない猫 手術費の1/3以内
(5,000円上限)
調査中
1年度1世帯2匹まで
「飼い主の判明しない猫」を飼養する者
伊東市ねこの去勢・不妊手術補助金交付要綱
伊東市ねこの去勢・不妊手術補助金申請の流れ [PDF]
ねこの補助金申請書ダウンロード
飼い主のいる猫 手術費の1/3以内
(5,000円上限)
19年度予算:100万円
20年度予算:100万円
平成19年1月10日施行
1年度1世帯2匹まで。飼い猫に限る/
予算終了次第補助金の交付は終了/飼い猫適正飼養補助金交付申請書 [PDF]/ 御前崎市飼い猫適正飼養補助金交付要綱
飼い主のいる猫 手術費の1/3以内
 (6,000円限度/1匹)
16年度実施状況:予算1,600,000円
18年度実施状況:予算1,200,000円
14年4月1日開始
市内に居住、手術後に申請
裾野市飼い犬及び飼い猫適正飼養補助金交付申請書 [PDF]/補助金請求書 [PDF]/飼い犬及び飼い猫生殖機能処置証明書(獣医師による証明書) [PDF]/裾野市飼い犬及び飼い猫適正飼養補助金交付要綱 裾野市犬猫飼育地域環境推進費交付金交付要綱
飼い主のいる猫 処置に要した額(1頭)
限度額:5,000)
調査中
平成17年5月5日開始
飼い猫の登録制度に登録している猫/手術前に申請
島田市飼いねこ適正飼育補助金交付要綱
飼い主のいる猫 手術代の1/3以内
(限度額:5,000)
調査中
1世帯年度2匹まで/事前申請
飼いねこ適正飼養補助制度
飼い主のいる猫 一律:6,000 14年度実施状況:100頭(計516,000)
15年度実施状況:129頭(計600,000)
16年度実施状況:120頭(計720,000)
17年度実施状況:102頭(計612,000)
18年度実施状況:予定120頭
19年度実施状況:予定120頭
20年度実施状況:予定120頭
市民で、猫を飼っている方
飼い猫適正飼養補助金交付申請書 [Word書類]/猫生殖機能処置証明書 [Word書類]/補助金交付請求書(猫) [Word書類]
19年度
雄:9,000 円/頭
雌:12,000円/頭
19年度予算:210,000円
 雄10頭、雌10頭
平成12年開始
平成19年度より不妊手術助成費用が縮小
飼い主のいる猫 手術代(税抜)の1/2
限度額:4,000)
調査中
手術前に申請
登録したねこ(愛ねこ手帳・登録番号を刻印した鑑札・希望者には首輪を無料交付)/申請後3か月以内に手術→書類提出
ねこ登録申請書 [PDF]
飼い主のいる猫 上限5,000円(1頭)
※19年3月3日〜(手術日)
 −−−−−−−−−−
上限6,000円(1頭)
※〜19年3月3日まで(手術日)
調査中
市に登録済みの猫(登録プレートとねこの登録カードの交付。無料)/手術日より1年以内の申請
犬猫の生殖不能手術補助金等交付申請書猫の登録申請書
飼い主のいる猫
(登録済の猫)
【廃止】
雄:5,000
雌:7,500
15年度実施状況:71頭(猫登録数4782頭)
16年度実施状況:76頭(猫登録数4999頭)
17年度実施状況:73頭(猫登録数5018頭)
18年度実施状況:68頭(猫登録数5170頭)
19年度実施状況:82頭(猫登録数5524頭)
20年度実施状況:191頭(猫登録数7410頭)
21年度実施状況
調査中
平成9年度から開始、平成21年度廃止
市内に居住、登録している猫
焼津市ねこの去勢・不妊手術補助金交付要綱/猫の登録制度(焼津市ねこの保護管理指導要綱)あり(昭和62年8月1日施行)※17年度の新規登録数は196頭
※但し、住民からの情報によれば「飼い主のいない野良猫の避妊・去勢には何故かいくらか出るようだ」とのお知らせあり

※静岡県動物保護協会参画事業/21年度20年度18年度
※野良猫の引き取りを支援のため、捕獲器を市民に貸出していたが、動物愛護の観点から、 平成18年10月より捕獲器の貸し出を中止
雌:7,000
雄:5,000
調査中
手術費用の1/3
 (上限6,000)
19年度実施状況
 猫犬計147件(猫の登録数519頭)
20年度実施状況
 猫犬計135件(見込)
平成14年4月1日
町税等の滞納のない者
ねこ登録制度(清水町猫の愛護及び管理に関する指導要綱)あり
犬猫の適正飼養事業費補助金
清水町犬及び猫の適正飼養事業費補助金交付要綱
雄:6,000
雌:6,000
調査中
手術費用の3/4の額
 雌:上限6,000
 雄:上限9,000
調査中
【廃止】
雄:5,000/雌:5,000
調査中
平成20年度より廃止
雄:5,000
雌:5,000
調査中
志太郡
大井川町
飼い主のいる猫
(登録済の猫)
【廃止】
手術費の1/2以内
 (5,000円を限度)
調査中
平成13年4月1日開始、平成20年度合併のため廃止
大井川町飼いねこ適正飼育補助金交付要綱
大井川町ねこの保護管理指導要綱(昭和62年7月1日施行)
合併により2008年11月1日から焼津市に





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
雄:2,000
雌:2,500
調査中
1世帯につき1年に3匹まで申請可能/手術後の申請は対象外/交付決定通知書の有効期限は1カ月
飼い主のいる猫 一律:5,000
調査中
平成15年12月1日開始
手術後1年以内の猫/飼い主がいなべ市民
いなべ市犬猫の避妊・去勢手術費助成要綱
雄:1,500
雌:2,000
調査中
飼い主が鈴鹿市民
毎年4月1日以降に手術した猫
飼い主のいる猫 一律:3,000
調査中
市内に住所を有し、手術を受けた猫を所有する者
獣医師の領収書と申請者の市税完納証明書を添える
飼い主のいない猫、いる猫 雄:2,500
雌:3,500
調査中
申請者は市内在住の方に限る/手術後60日以内に提出
犬及び猫の不妊手術費等助成金交付申請書 [PDF]
※2005年11月1日に伊勢市・二見町・御薗村・小俣町が合併して伊勢市に
飼い主のいる猫 雄:5,500
雌:6,000
調査中
動物病院の証明と領収書を添付して申請
飼い主のいる猫 一律:3,000
(平成17年4月1日以降)
※【合併前
 雄:1,500、雌:2,500
 
嬉野町/一律:3,000
 三雲町/一律:3,000
 飯南町/
雄2千、雌3千
 飯高町/
雄3千、雌5千
17年度実施状況:雄219頭/雌358頭
 予算2,319千円/経費:雄657千円/雌1074千円
18年度実施状況:雄234頭/雌381頭
 予算2,451千円/経費:雄702千円/雌1,143千円
19年度実施状況/予算:2,460千円
 −−−−−−−−−−−−−−

合併前実施状況
 松坂市/
14年度:雄雌計435頭
     16年度:雄19頭/雌39頭
 嬉野町/13年度:犬猫計85頭
     
16年度:雄雌計26頭
 三雲町/年間:犬猫50頭前後
     
16年度:雄4頭/雌9頭
 飯南町/13年度:犬猫計25頭
     
16年度:雌5頭
 飯高町/年間:猫20頭前後
     
16年度:雄2頭/雌3頭
平成5年度開始
市内在住の方・手術後に申請

※平成17年、松坂市、一志郡嬉野町・三雲町、飯南郡飯南町・飯高町と合併
※三雲町は平成6年度より開始
※飯南町は平成5年度より開始
※飯高町は平成8年度より開始
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:2,000

−−− 関町(合併前) −−−
  
雄:1,500
  雌:2,000
13年度実施状況
 
雄:21頭/:68頭
14年度実施状況
 
雄:78頭/:30頭
 −−− 関町(合併前) −−−−−−−−−
  
13年度実施状況
   
雄:5頭/:19頭
  
14年度実施状況
   
雄:5頭/:20頭
平成17年1月11日開始
犬猫の避妊等手術費助成金交付請求書[ダウンロード/ワード書類]
亀山市犬猫の避妊等手術費助成金交付要綱
※平成17年1月11日、関町と合併
飼い主のいる猫 一律:3,000
調査中
平成16年12月1日開始
市内に在住・手術後に申請
犬・猫避妊及び去勢手術費補助金交付申請書/請求書
桑名市犬又は猫の避妊及び去勢手術費補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:2,000
調査中
平成18年4月1日
市に在住し、市内で飼養している猫
犬及び猫の避妊手術費等補助金交付申請書[PDF/53KB]
請求書[PDF/43KB]
※平成18年1月1日、津市、河芸町、久居市、芸濃町、美里村、安濃町、香良洲町、一志町、白山町・美杉村と合併し、新「津市」に
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:2,000
調査中
平成6年3月22日開始
町内に在住
犬及び猫の不妊手術費等助成金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:2,000
17年度実施状況
 予算:63,000,000円
飼い主のいる猫、いない猫 雄:2,000
雌:4,000
(限度)
調査中
申請後に手術
猫の避妊手術費等補助金要領 [Word/24KB] ダウンロード
猫の避妊手術費等補助金交付申請書類関係 [Word/48KB] ダウンロード
飼い主のいる猫 雄:2,000
雌:3,000
調査中
本市の方が飼育している猫
手術後に申請
鳥羽市飼犬等避妊手術費補助金交付申請書
鳥羽市飼犬等避妊手術費補助金交付請求書 [PDF]
飼い主のいる猫 雄:2,400
雌:3,400
調査中
平成17年11月1日開始
市内で猫を飼養する者
年度内1世帯1頭
熊野市犬・猫避妊等手術費補助金交付要綱
雄:2,500
雌:3,000
13年度実施状況
 138頭(犬猫合計で)
平成3年度開始
飼い主のいる猫 雄:1,500
雌:2,000
調査中
川越町犬猫避妊等手術費助成金交付申請書
避妊(去勢)手術実施証明書[Word]
避妊(去勢)手術実施申請書[Word]
川越町犬猫避妊等手術費助成金交付要綱
飼い主のいる猫
調査中
調査中
平成7年度開始
1年度内1世帯1頭
富田林市飼い犬等不妊手術費助成申請書 [PDF]
市長への手紙


道府県
市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
地域猫 一律:1,500 昭和48年度実績:122頭(犬のみ)
昭和49年度実績:102頭(犬のみ)
昭和50年度実績:161頭(犬のみ)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
20年度予算:200万円(目標200頭)
(獣医師会への委託料・普及啓発等全て含む
)
昭和48年度〜50年度で廃止(犬の助成)
平成20年度「モデル事業」開始/獣医師会加盟病院でのみ手術
地域ねこ方式による所有者不明ねこの適正管理モデル事業」 / 地域ねこ方式による所有者不明ねこの適正管理モデル事業実施要綱(平成20年7月1日施行) [PDF]/大阪市へのご意見等とその回答(平成19年)
一律:1,500
調査中
1年度以内に申請件数が1世帯で5件以内
市内で飼っている猫/市内で保護・捕獲した猫 一律:3,500
調査中
市内病院で手術を行う
全身が写った写真を、申請書裏面に貼付
先着300匹(助成枠に達した時点で打ち切り)
市民所有の猫・市民が世話をする猫 雄:2,000
雌:3,000
調査中
平成14年度開始
1年度以内に1世帯1頭
本市または隣接する市又は町(指定あり)の動物病院で手術
補助金案内 [PDF]
飼い主のいない猫、いる猫 一律:5,000
調査中
手術を受ける前に、申請
申請期間は「市報」でお知らせ
飼い主のいない猫 一律:5,000
?年度
 助成頭数:100頭
市内で捕獲したのら猫/手術費用を負担した市民/市内の動物病院で手術/抽選/1世帯1頭先着順
豊中市猫避妊・去勢手術助成金交付要綱 [PDF]
雄:3,000
雌:4,000
調査中
町内在住、販売・その他営利目的でないもの
手術前に申請
飼い主のいない猫、いる猫 一律:5,000
(1世帯につき2頭まで)
平成16年度:30頭
平成17年度:30頭
平成18年度:28頭(予算:約100万円弱)
平成20年度(予定:200頭)
平成20年度開始(ねこ助成)
1世帯につき2頭まで/市内、若しくは大阪府内の病院で手術
高槻市所有者不明ねこ保護管理事業実施要綱/広報たかつき(2008年6月25日号/8面) / リーフレット「ネコと共存するために」


道府県
市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる雌猫 通常の手術料金の2割
 (上限5,000)
調査中
市内で雌猫を飼育する飼い主
募集は年2回・1回の募集に対し1名1回限り
助成数を越えた場合は抽選
雌猫の避妊手術啓発事業のご案内 [PDF]
地域猫 【団体へ助成】
手術料金の4割
(上限10,000円)
平成21年度
(1団体に付き原則5匹助成)
事前に相談・申請が必要
平成21年度は10団体を募集予定
地域猫リーフレット [PDF]
雌のみ:5,000/1頭
(手術費が5,000円以下の場合は、実際の費用)
調査中
平成20年7月1日開始
所有者のいないねこ対策活動員認定者
市内に生息する生後6ヶ月以上の所有者のいない雌猫
西宮市所有者のいないねこ不妊手術助成金交付要綱 [PDF] / 西宮市所有者のいないねこ対策活動員設置要綱 [PDF]所有者のいないねこ対策活動員指針 [PDF]所有者のいないねこ対策フローチャート[PDF]
雌のみ:10,000/1頭(上限)
平成19年度 計100頭(1,151,000円)
平成20年度 計100頭(1,046,000円)
平成21年度(予算100,000円)
平成19年度開始
承認を受けた活動の地域に生息する猫に限る
平成21年度尼崎市野良猫不妊手術助成金交付要綱
飼い主のいない猫
【団体へ助成】
雄:8,000以内
雌:15,000以内
※捕獲に要する経費・捕獲器・餌代及び燃料費等の実費
実績なし
平成21年4月1日開始
飼い主のいない猫に対し、TNR活動を行っている団体に対し助成
芦屋市飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費助成金交付要綱





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
一律:3,000 昭和54年度実施状況:犬のみ予算150万円
平成11年度実施状況:猫合計:318頭
平成12年度実施状況:猫犬合計:410頭
平成13年度実施状況:猫合計:289頭
平成14年度実施状況:猫犬合計:401頭
平成15年度実施状況:猫合計:297頭
平成16年度実施状況:猫合計:258頭
平成17年度実施状況:猫合計:255頭
平成18年度実施状況:猫合計:247頭
平成19年度実施状況:猫合計:429頭
     (猫犬予算計:250万円)
平成20年度実施状況:猫犬合計:636頭
平成21年度実施状況:猫犬合計:712頭
平成22年度実施状況:猫犬合計:707頭

※京都市と京都府警が作製したポスター
昭和54年度、飼犬手術費助成開始
昭和54年度〜平成18年度まで、予算150万円
平成10年度、飼い猫の助成開始
平成19年度から助成額を250万円に増額
飼い主のいない猫 無料 平成23年度
  
調査中
2011年度から野良猫の去勢・避妊手術を無償で行う方針を決定。
京都市動物愛護行動計画」で、2018年度の犬猫の殺処分数を07年度の6割に減らす目標を掲げる。
野良猫の被害に遭っている自治会など に、保健所の職員が被害状況や飼い猫でないことなどを確認する。自治会などがその地域の野良猫を飼育する意思がある場合に限り、市が野良猫を回収し、市獣医師会の協力を得て、家庭動物相談所(南区)で無償手術する。
京(みやこ)どうぶつ共生プラン [PDF]
京都市動物愛護管理行動計画(案)パブリックコメント結果 [PDF]
助成制度なし
 
調査中
 





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫 雄:4,000
雌:5,000
調査中
奈良市内に住所を有している方/奈良市内で猫を飼養している飼い主
指定動物病院 で不妊去勢手術/市税を滞納していない方/一世帯につき1頭まで、先着順
奈良市犬猫不妊去勢手術補助金交付要綱
飼い主のいる猫 一律:4,000
(手術費用が助成の額を下回る場合は、その額)
調査中
町内に住所を有する者/飼い主の住所地で飼養している/手術日から2ヶ月以内に申請/同一年度内につき1世帯1回の手術
斑鳩町飼い猫不妊手術費助成金交付要綱
生後6ヶ月以上の飼い猫等 雄:3,600
雌:4,000
調査中
本市に住所を有する、 市税の滞納がない方/奈良県内の動物病院で手術を行う/前述の要件を満たし、年度内1世帯1回限定
飼い主のいる猫 雄:4,000
雌:5,000
調査中
市内に在住の飼い主の方/1会計年度内に1世帯1頭まで/申請後30日以内に手術を実施
飼い主のいる猫 一律:4,000
調査中
手術後に申請
飼い主のいる猫 一律:4,000
(手術費用が助成の額を下回る場合は、その額)
調査中
町内に住所を有し、住居地で飼養している方/手術日から2ケ月以内に申請/同一年度内1世帯1回
三郷町飼い犬及び飼い猫不妊手術費助成金交付要綱
調査中
調査中
 


道府県
市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫 手術代の1/2
 (上限 8,000)
調査中
市に住民票または外国人登録のある方
永久的な避妊・去勢手術が対象
1世帯1頭まで、手術後に申請
飼い主のいる猫 雄:4,000
雌:6,000
調査中
平成18年3月1日開始
市内在住
橋本市犬・猫の避妊及び去勢手術補助金交付要綱
飼い主のいる猫 雄:4,000
雌:6,000
調査中
手術補助金交付決定通知書 [Word書類]手術補助金交付申請書 [Word書類]かつらぎ町犬・猫の避妊・去勢手術補助金交付要綱
 
調査中
 
 
調査中
 
 
調査中
 
雄:3,000
雌:4,000
調査中
市内で飼育する市民
各年度1世帯猫1頭まで
補助券交付後20日以内に手術
一律:4,000(1頭)
調査中
市内に居住し、市内で飼育
終生飼うことを約束できる飼い主がいる
1世帯につき1頭、手術前に申請
先着順で300件に達した時点で締め切り(平成23年度





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
一律:5,000(1頭) 6年度実施状況:雄25/雌104頭
7年度実施状況:雄25/雌93頭
8年度実施状況:雄65/雌136頭
9年度実施状況:雄57/雌141頭
10年度実施状況:雄61/雌142頭
11年度実施状況:雄68/雌137頭
12年度実施状況:雄66/雌157頭
13年度実施状況:雄55/雌149頭
14年度実施状況:雄54/雌153頭
15年度実施状況:雄56/雌154頭
16年度実施状況:雄47/雌115頭
17年度実施状況:雄74/雌160頭
18年度実施状況:雄21/雌42頭
平成4年7月1日開始
事前申請、抽選
平成7年度まで200頭予定
平成8年度より300頭予定
平成18年度より100頭予定
徳島市犬猫不妊・去勢手術推進事業に関する実施要綱 [PDF]
※県獣医師会にも同様の補助制度あり
調査中
調査中
一律:5,000(1頭) 17年度実施状況/雄34・雌102頭
18年度実施状況/雄39・雌77頭
県内在住の猫の飼養者
徳島市、又は佐那河内村が行う助成制度を受けていない方





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫 一律:3,000(1頭) 21年度:1600頭
22年度:1900頭
23年度
市内在住の所有者
市税の滞納していない人/1年度2匹まで、手術後申請/手術は、高松市・三木町・牟礼町・庵治町・塩江町・香川町・香南町・綾上町・綾南町・国分寺町内の動物病院で実施
申請書ダウンロードページ犬猫不妊去勢手術費補助金交付申請書 [PDF]/旧:交付申請書 [PDF]/犬猫不妊去勢手術費補助金交付申請書 [PDF] /旧:申請書 [PDF]
飼い主のいる猫 一律:3,000(1頭)
(上記金額又は当該手術に要した費用の少ない方の額)
調査中
平成17年3月22日開始
市内在住でかつ、市内で飼育/当該年度1世帯1頭、手術後に申請
犬及び猫の不妊・去勢手術費補助金交付請求書 [PDF]/丸亀市犬及び猫の不妊・去勢手術費補助金交付要綱
雄雌:各3,000限度
(手術に要した費用又は猫1頭につき3,000円のいずれか少ない額)
調査中
2006年(平成18年)3月21日、 綾上町と綾南町合併
旧綾南町の助成を引き継ぎ助成を継続
同一年度内に1世帯あたり2頭までを限度
町税に滞納がない旨の証明書(無料交付)
綾川町犬猫不妊去勢手術費補助金交付要綱犬猫不妊去勢手術費補助交付申請書 [PDF] /犬猫の不妊去勢手術に補助金がでます! [PDF] /請求書(犬猫不妊去勢手術補助金) [PDF]
飼い主のいる猫 一律:5,000(1頭)
調査中
市内に在住、手術後に申請
広報東かがわ第15号・2004年6月「あなたの猫は、大丈夫ですか?」[PDF]
飼い主のいる猫 一律:3,000(1頭)
調査中
町内に住所を有する個人/1世帯につき1年度1頭まで/手術後に申請
三木町犬猫不妊去勢手術費補助金交付申請書  
助成制度なし
犬の助成制度あり
※2006年1月1日、三豊郡仁尾町、高瀬町、豊中町、山本町、財田町、詫間町、三野町の7町が合併して新設
助成制度なし
犬の助成制度あり





市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
一律:2,000
(18年度は、一律:3,000)
14年度実施状況(犬猫計)
 590頭
(予定590頭/予算177万)
15年度実施状況
(犬猫計)
 600頭
(予定600頭/予算180万)
16年度実施状況
(犬猫計)
 961頭(予定1000頭/
予算300)
17年度実施状況
(犬猫計)
 
調査中(予定1000頭/予算300)
18年度実施状況
(犬猫計)
 800頭(予定800頭)
19年度実施状況
(犬猫計)
 調査中(予定1000頭)
平成13年度開始
1世帯につき年度内1頭
先着順
県内で開業している動物病院にて手術

飼い主のいる猫 手術費の一部
(3,000円が上限)
調査中
1世帯につき年度内1頭
手術後に申請
NPOえひめイヌ・ネコの会
飼い主のいない猫、いる猫「動物愛護週間連動キャンペーン 一律:3,000 19年度
 先着200名(20年2月末まで)
愛媛県在住の方
キャンペーンポスター [PDF]
【廃止】
 雄:4,000/ 雌:9,000
調査中
平成18年度から廃止


道府県
市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考

(市政だより)
一律:7,500
 ※市   :3,000円
  獣医師会:4500円
●「地域猫」に限り市が無料で手術実施(※備考参照)
18年度実施状況
 犬猫合計:計654頭
平成15年度開始
市内で飼育されている猫/1人につき1匹、往復ハガキで申込/応募多数時は抽選/
獣医師会加盟病院での手術のみ
※21年10月1日より「地域猫」に限り、状況を確認・ルールを定めることを条件に、市動物管理センターが不妊・去勢手術を無料で行う「飼い主のいない猫との共生支援」 参照
雄:4,000
雌:9,000
調査中
当該年度に手術した猫が対象/1世帯当該年度2頭まで、事前申込み/年間補助頭数に限りがある
補助金交付申請書ダウンロード [PDF]
香春町犬及び猫の避妊去勢手術費補助金交付要綱
北九州市獣医師会
雌のみ:10,000 15年度実施状況:110頭(犬猫計)
16
年度実施状況200(犬猫計)
19年度実施状況:
250頭(犬猫計)
北九州市獣医師会による、捨て犬捨て猫防止キャンペーン事業
応募葉書による抽選
助成制度なし


道府県
市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
飼い主のいる猫
手術代の1/2(1頭)
(上限 3,000)
調査中
猫の所有者
1世帯1年度2頭まで
町内に住所を有し、町税等を完納している
地域猫
(助成対象団体が手術した、手術済みの目印をつけた猫)
雄:1万5千円
雌:3万円(限度額)
 −−−−−−−−−
■モデル地区…登録初年度は限度額の10分の10、2年目は3分の2、3年目以降は2分の1に相当する額
■活動グループ…登録初年度は限度額の3分の2、2年目以降は2分の1に相当する額
21年度予算:977万円
(犬猫等の適正管理対策経費として)
平成21年4月1日開始
対象の「助成対象団体」は、モデル地区(自治会で承認)及び活動グループ(当該地域の自治会の承認を受けた活動グループ)
野良猫対策として「地域猫制度」を始めました
佐賀市地域猫推進基本方針(猫の適正
飼育に関する指針を含む) [WORD書類]/地域猫に関するQ&A [エクセル:43.0KB]/猫被害防止法 [WORD書類]/佐賀市地域猫活動不妊去勢手術助成金交付要綱 [WORD書類]
地域猫制度パンフレットP1[PDF]/P2[PDF]/P3[PDF]/P4[PDF]/P5[PDF]/P6[PDF]/
P7[PDF]/P8[PDF]
地域猫
(長崎新聞)
雄:8,000(上限)
雌:18,000
(上限)
(いずれも1匹)
21年度(予算366,000)
申請用紙に、地域内で手術が必要な猫の数、餌場、トイレの管理責任者、町内会長の氏名住所などを記入しモデル事業応募する
飼い主のいない猫
(指定されたモデル地区のみ)
雄:8,000円
雌:18,000円
(地区の自己負担(1匹につき2,000円)を手術費用から差 し引いた額)
22年度予算:440,000円
 実施合計:雄11頭・雌6頭

23年度予算(PDF18p参照):472,000円
 (決算額:196,000 円)

 予定頭数:雄10頭/雌20頭
 
平成22年度{地域猫活動支援事業}開始(実施要綱:平成22年4月6日長崎市告示第234号)
地域猫活動支援事業(モデル地区を指定し、地区内の地域猫の不妊去勢手術費を助成)
手術時に市の認定 証を病院に提示
長崎市猫の適正飼育ガイドライン [PDF]/猫の適正飼育ガイドライン(ダイジェスト版)/長崎市平成23年度長崎市地域猫活動 モデル地区支援事業説明会[PDF](長崎市主宰・オフィスさるねこHP内)
調査中
市の市民協働モデル事業として、20年から「野良猫から地域猫へ、地域における課題への取り組み」を実施。
調査中
調査中
2008年8月、県と「みやざき動物のいのちを守る会」との協働事業「命の架け橋」(犬ねこ譲渡推進サポート事業)開始/20年度予算:949万2,000円/21年度予算:829万円
調査中
 


道府県
市名
対象動物
金額(円)
実施状況
備 考
一律:2,000
 雄合計:5,000
 雌合計:7,000
(下記「沖縄県獣医師会」からの助成合計)

一律:5,000
 (二次抽選・市のみ助成)
15年度実施状況
 応募者:雄72/雌233件
 当選数:雄31/雌46頭
16年度予算:1,495,000円
17年予算:912,000円(上限100頭)
19年度予算:500,000円
20年度予算:500,000円
21年度予算:500,000円
平成16年9月1日開始
市内で飼養されている猫/動物取り扱い業者飼養の猫を除く/
250名を超えた場合には抽選
那覇市犬及び猫の不妊去勢手術推進事業補助金交付要綱

※抽選洩れの方から予算内で再抽選し、1頭5,000円の市単独の助成あり(補助金の総額が予算額に満たないとき)
飼い主のいる猫
調査中
調査中
町では同島の飼い猫数は300匹前後と推計
竹富町ネコ飼養条例イリオモテヤマネコ保護のための飼いネコ条例
飼い主のいる猫
雄:3,000
雌:5,000
15年度実施状況
 応募者:雄278/雌908件
 当選数:雄75/雌185頭
18年度実施
状況:370頭(犬猫合計)
19年度実施状況:370頭(犬猫合計)
平成13年度から実施
沖縄県内に在住する人が飼育する猫
当選は1世帯につき1頭まで、抽選竹富町西表・大宜味村・国頭村・東村の飼い猫は、他の事業対象なので対象外 


【ご利用について…】

掲載情報について
 ここに記載のデータは、残念ながら
全国を網羅していません。表に記入されていない場合は、各市町村へお問い合わせ下さい。

助成金(補助金)を受けられる場合
 助成金は変更・廃止になる可能性や、予算の上限などが設けてある場合がありますので、補助金を受けられる場合は、必ず事前に自治体等へご確認下さい。

●補助金の変更・新規情報など、みなさまの情報をお待ちしています。


参考資料:東京都福祉保健局健康安全室環境衛生課動物管理係調べ資料
参考資料:NPO法人自然と動物を考える市民会議
参考資料:東京都/不妊・去勢手術助成の実施状況
参考資料:地方自治体(都道府県・指定都市・中核市)動物愛護管理行政担当組織一覧(環境省)
参考資料:その他(各都道府県のWEBサイトより)
参考資料:その他(各社新聞記事より)
その他:電話での各自治体への聞き取り(掲載許可確認済み)

最終更新日:2012年02月27日



にゃんこのおうち TOP にゃんこのおうち