にゃんこのおうちロゴ> 新聞記事

 地域猫資料室/新聞記事全文

野良猫救済へ初の組織 掛川で設立総会

[ 2006/4/24 静岡新聞 ]


 地域社会と猫との共生を目指す「KCSC掛川猫サポーター倶楽部」の設立総会が22日、掛川市役所で開かれた。地域住民と行政、ボランティアが一体になって、引き取り手探しや野良猫の避妊去勢、猫の正しい飼い方の啓発活動などを通じた「地域猫」システムの確立を目指す。掛川市内では初めての取り組み。

 地域猫とは、地域に住み着いた野良猫の給餌やふん尿の始末、避妊などの世話を、住民やボランティアが獣医や行政の助言を得ながら担う。虐待を受けて捨てられたり、栄養失調などで病気にかかる不幸な猫を1匹でも減らす取り組み。京浜地方など都市部を中心に野良猫を減らした多くの先進事例がある。

 総会には会員60人が参加した。基調講演で動物救済ボランティア・テイルズアニマルコネクションの永田千秋さんは、野良猫を捕獲し、避妊去勢手術をして元の生活場所に返すことが活動の基本とした上で、「住民と行政、猫の好きな人も嫌いな人も一緒に問題を考えることが不可欠」と強調した。

 同倶楽部は会員やボランティアなど協力者を募っている。問い合わせは市役所環境保全課[電0537(21)1145]へ。




にゃんこのおうち にゃんこのおうち